逆引きDNSの使い方

IaaSの逆引きDNSの使い方を説明します。IaaSのDNSにPTRレコードを登録すると、インターネット環境において、IPアドレスからFQDNの名前解決(逆引き)ができるようになります。

対象IPアドレス

PTRレコードに登録できるのは、以下の2つの条件を満たすIPアドレスです。

  • AまたはAAAA(正引き)レコードがIaaSに登録されているIPアドレス
  • 以下のいずれかのリージョンで払い出したフローティングIP

    • 東日本リージョン1
    • 東日本リージョン2
    • 西日本リージョン1
    • 西日本リージョン2

逆引きレコードに関する操作

PTRレコードに対して、以下の操作ができます。

  • PTRレコードの登録
  • PTRレコードの削除
  • PTRレコードの更新

PTRレコードの詳細仕様や注意点については、APIリファレンス (Network編) 「レコードの作成/削除」も参照してください。

ヒント: 1つのIPアドレスに対して、複数のPTRレコードは登録できません。PTRレコードの値を更新したい場合は、更新前のPTRレコードを削除してから、AまたはAAAAレコードを削除します。その後、更新後のAまたはAAAAレコードを登録してから、更新後のPTRレコードを登録してください。

例:PTRレコードの値をFQDN1からFQDN2に更新する場合

  1. FQDN1のPTRレコードを削除
  2. FQDN1のPTRレコードに対応するAまたはAAAAレコードを削除
  3. レコード名がFQDN2のAまたはAAAAレコードを登録
  4. FQDN2のPTRレコードを登録

別リージョンや別プロジェクトのフローティングIPを登録したい場合

別リージョンや別プロジェクトのフローティングIPのPTRレコードを登録することができます。その際には、APIの以下のパラメーターにフローティングIPの払い出し元の情報を指定してください。

  • x-fcx-region:フローティングIPを払い出したリージョン名を指定
  • x-fcx-region-token:フローティングIPを払い出したプロジェクトのリージョナルトークンを指定
ヒント: X-AUTH-TOKENには、フローティングIP払い出し元に関わらず、PTRレコードを登録するプロジェクトのリージョナルトークンを指定してください。

図: ゾーン1にプロジェクト2とプロジェクト3のPTRレコードを登録する場合

上図の場合、x-fcx-regionとx-fcx-region-tokenの指定は以下になります。

登録するレコード x-fcx-region x-fcx-region-token X-AUTH-TOKEN
フローティングIP-1のPTRレコード jp-east-1 プロジェクト1のリージョナルトークン プロジェクト1のリージョナルトークン
フローティングIP-2のPTRレコード jp-east-1 プロジェクト2のリージョナルトークン
フローティングIP-3のPTRレコード jp-west-2 プロジェクト3のリージョナルトークン

図: ゾーン2にプロジェクト2とプロジェクト3のPTRレコードを登録する場合

上図の場合、x-fcx-regionとx-fcx-region-tokenの指定は以下になります。

登録するレコード x-fcx-region x-fcx-region-token X-AUTH-TOKEN
フローティングIP-1のPTRレコード jp-east-1 プロジェクト1のリージョナルトークン プロジェクト1のリージョナルトークン
フローティングIP-2のPTRレコード jp-east-1 プロジェクト2のリージョナルトークン
フローティングIP-3のPTRレコード jp-west-2 プロジェクト3のリージョナルトークン

図: プロジェクト2のゾーン2にプロジェクト2とプロジェクト3のPTRレコードを登録する場合

上図の場合、x-fcx-regionとx-fcx-region-tokenの指定は以下になります。

登録するレコード x-fcx-region x-fcx-region-token X-AUTH-TOKEN
フローティングIP-1のPTRレコード jp-east-1 プロジェクト1のリージョナルトークン プロジェクト1のリージョナルトークン
フローティングIP-2のPTRレコード jp-east-1 プロジェクト2のリージョナルトークン プロジェクト2のリージョナルトークン
フローティングIP-3のPTRレコード jp-west-2 プロジェクト3のリージョナルトークン
注:

ゾーンの登録において、以下の操作はできません。

  • 同じ名前のゾーンを複数登録すること
  • 東日本リージョン1以外のリージョンでゾーンを登録すること

図: ゾーン登録