専有物理サーバ管理

専有物理サーバサービスで提供するゲートウェイサーバからOS・iRMCに接続して、専有物理サーバを管理します。

ゲートウェイサーバへの接続

ゲートウェイサーバ接続元として申請したお客様作業端末から、ゲートウェイサーバにリモートデスクトップ接続をします。

  1. お客様端末のスタート > すべてのプログラム > アクセサリ > リモートデスクトップ接続を選択します。

  2. リモートデスクトップ接続 > コンピューターに、ゲートウェイサーバのグローバルIPアドレスを入力し、接続を選択します。

    ヒント: ゲートウェイサーバのグローバルIPアドレスは、「専有物理サーバサービス申込請書」に記載しています。
  3. 「このリモート接続の発行元を識別できません。接続しますか?」と表示された場合は、リモートコンピューターにゲートウェイサーバのグローバルIPアドレスが表示されていることを確認し、接続を選択します。

  4. Windowsセキュリティで、ゲートウェイサーバのユーザー名、パスワードを入力し、OKを選択します。

    ヒント: ゲートウェイサーバのユーザー名、パスワードは、「専有物理サーバサービス申込請書」に記載しています。
  5. 「このコンピューターのIDを識別できません。接続しますか?」と表示された場合は、リモートコンピューターからの証明書の名前にゲートウェイサーバのホスト名が表示されていることを確認し、はいを選択します。

  6. 接続処理が完了すると、ゲートウェイサーバのデスクトップ画面が表示されます。

Windowsへの接続

ゲートウェイサーバからWindowsへは、リモートデスクトップ接続をします。

  1. ゲートウェイサーバのデスクトップ画面で、リモートデスクトップ接続のショートカットを選択します。

  2. リモートデスクトップ接続で、コンピューターに専有物理サーバの管理用IPアドレスを入力し、接続を選択します。

    ヒント: 専有物理サーバの管理用IPアドレスは、「専有物理サーバサービス申込請書」に記載しています。
  3. Windowsセキュリティで、専有物理サーバのユーザー名、パスワードを入力し、OKを選択します。

  4. 「このリモートコンピューターのIDを識別できません。接続しますか?」と表示された場合は、リモートコンピューターからの証明書の名前に専有物理サーバのホスト名が表示されていることを確認し、はいを選択します。

    ヒント: 専有物理サーバのユーザー名、パスワードは、「専有物理サーバサービス申込請書」に記載しています。
  5. 接続処理が完了すると、専有物理サーバのデスクトップが表示されます。

iRMCへの接続

ゲートウェイサーバからiRMCへは、Webブラウザを使って接続します。iRMCに接続すると、専有物理サーバの電源制御、コンソール画面表示ができます。

  1. ゲートウェイサーバのデスクトップ画面で、Internet Explorerのショートカットを選択します。

  2. Internet Explorerで、アドレスバーに"https://<iRMC IPアドレス>"を入力します。

    ヒント: 専有物理サーバのiRMC IPアドレスは、「専有物理サーバサービス申込請書」に記載しています。
  3. 「セキュリティの警告」が表示された場合は、OKを選択します。

  4. 「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」と表示されたら、「このサイトの閲覧を続行する(推奨されません)」を選択します。
  5. 「Login required to continue」と表示されたら、Loginを選択します。

  6. Windows セキュリティで、iRMCのユーザー名、パスワードを入力し、OKを選択します。

    ヒント: 専有物理サーバのiRMCのユーザー名およびパスワードは、「専有物理サーバサービス申込請書」に記載しています。
  7. ログイン処理が完了すると、iRMCの画面が表示されます。
  • 専有物理サーバの電源制御

    iRMCにログイン後、専有物理サーバの電源を制御できます。

    1. iRMCにログインし、画面左のPower Management > Power On/Offを選択します。

    2. Power Controlセクションで、電源操作を選択し、Applyを選択します。

      • Power On

        電源を投入します。

      • Power Cyde

        電源を切断し、一定時間経過後に投入します。

      • Power Off

        OSの状態にかかわらず、電源を切断します。

      • Graceful Power Off(Shutdown)

        正常にシャットダウンし、電源を切断します。

      • Immediate Reset

        OSの状態にかかわらず、再起動します。

      • Graceful Reset(Reboot)

        正常にシャットダウンし、再起動します。

      • Pulse NMI

        NMI(マスク不可能な割り込み)を発行します。

      • Press Power Button

        電源ボタンを短く押します。

  • 専有物理サーバのコンソール画面表示

    iRMCにログイン後、専有物理サーバのコンソール画面を表示できます。

    1. iRMCにログインし、画面左のVideo Redirection(JWS)を選択します。

    2. 「続行しますか」と書かれたセキュリティ警告が表示されたら、続行を選択します。

    3. 「このアプリケーションを実行しますか」と書かれたセキュリティ警告が表示されたら、「リスクを受け入れて、このアプリケーションを実行します」にチェックを入れて、実行を選択します。

    4. 処理が完了すると、専有物理サーバのコンソール画面が表示されます。

Windowsへのファイル転送

  1. ゲートウェイサーバのデスクトップ画面で、リモートデスクトップ接続のショートカットを選択します。

  2. リモートデスクトップ接続で、オプションの表示を選択します。

  3. ローカルリソースタブを選択し、詳細を選択します。

  4. ローカルデバイスとリソースドライブを選択し、OKを選択します。

  5. リモートデスクトップ接続で、コンピューターに専有物理サーバの管理用IPアドレスを入力し、選択を選択します。

    ヒント: 専有物理サーバの管理用IPアドレスは、「専有物理サーバサービス申込請書」に記載しています。
  6. 接続が完了すると、Windowsエクスプローラにローカルドライブ(ゲートウェイサーバのドライブ)が表示されます。ローカルドライブ(ゲートウェイサーバのドライブ)上のファイルを選択し、専有物理サーバのドライブにコピーします。