バックアップ

指定したスケジュールに従って、共有ディスクを自動的にバックアップします。バックアップデータをリカバリすることで、共有ディスクを復元できます。

バックアップの取得

定期的に利用中の共有ディスクをバックアップします。故障や不具合など、万一の事態に備えて、定期的にデータを保存する用途に向いています。

図: 共有ディスクのバックアップ取得イメージ



バックアップの流れは以下になります。

  1. バックアップルールとバックアップボリュームを設定

    • バックアップルール(バックアップスケジュール)には以下を指定できます。

      項目 指定可能な値
      1~12までの値
      1~31までの値
      曜日

      1~7までの値

      ヒント: 1=日曜、2=月曜、3=火曜、4=水曜、5=木曜、6=金曜、7=土曜
      0~23までの値
      0~59までの値
      注: バックアップルールの指定を省略した場合は、1分毎にバックアップを取得します。
      ヒント:
      • 各項目はカンマ区切りで複数指定できます。
      • 既存のバックアップルールを変更できます。
    • バックアップデータの保存先となるバックアップボリュームには以下を指定できます。

      項目 指定可能な値
      共有ディスク名 バックアップ対象の共有ディスク名
      世代数 バックアップデータを保持する世代数(1 ~ 250)
      サイズ バックアップボリュームのサイズ(TB単位で0.5 ~ 20)
  2. (1回目だけ)バックアップボリュームの作成

    指定した値に基づいてバックアップボリュームが作成されます。

    ヒント:
    • バックアップルール1つにつき、ルールに基づいてバックアップデータを保存するためのバックアップボリュームが1つ作成されます。
    • バックアップボリューム名は、以下の命名規約に基いたものになります。

      <バックアップ元の共有ディスク名>_bk<自動採番された3桁の数字>
    注:
    • 共有ディスクの使用率が90%を超えている場合、バックアップボリュームを作成できません。
    • 共有ディスクにスナップショットを保存するための空き容量がない場合、バックアップボリュームは作成できません。
  3. (1回目だけ)共有ディスクの全データをスナップショット採取

    スナップショット名は、以下の命名規約に基いたものになります。

    <バックアップボリューム名>.<作成時刻(YYYY-MM-DD_HHMM)>
  4. (1回目だけ)スナップショットデータ(共有ディスクの全データ)をバックアップボリュームに転送

    注:
    • スナップショットデータをバックアップ(転送)する際、バックアップボリュームの容量が足りない場合は転送が一時停止状態になります。

      バックアップデータの世代削除などによって空き容量が増えると自動的に再開されます。

    • 転送先に同じ名前のバックアップ世代が存在する場合、既存のバックアップ世代名に日付(_YYYY-MM-DD_HHMM)が追加されます。
  5. (2回目以降)前回のバックアップデータとの差分に対して、スナップショットを採取

    前回のバックアップデータとの差分がない場合はスナップショットを採取しません。

  6. (2回目以降)スナップショットデータ(前回との差分)がある場合、バックアップボリュームに転送

    警告: 保持できるバックアップの最大世代数は、共有ディスクに紐付くバックアップボリューム全体で250までです。超過した場合は古い世代から順番に削除されます。
ヒント:
  • 設定項目については、設定項目を参照してください。
  • 制限値については、制限値を参照してください。

バックアップデータのリカバリ

指定した共有ディスクにバックアップデータをリカバリできます。

警告: リカバリ中にエラーが起きた場合、リカバリ先の共有ディスクのデータは復元できません。事前に共有ディスクのスナップショットを採取し、バックアップボリュームに転送しておくことをお勧めします。
注:
  • バックアップ元の共有ディスクとリカバリ先の共有ディスクが異なる場合、リカバリ先の共有ディスクにバックアップボリュームが作成されているとリカバリできません。
  • バックアップ実施中にリカバリを実行すると、バックアップは一時停止します。リカバリが完了した後、バックアップを再開します。

バックアップデータの削除

バックアップデータの削除には、以下の2種類の方法があります。

表 1. バックアップデータの削除方法
種類 説明
バックアップデータの世代削除

指定したバックアップデータの世代を削除します。

注: 最新のバックアップ世代は削除できません。
バックアップデータの全削除

バックアップボリュームを削除します。

注: 共有ディスクに保存されたスナップショットは削除されません。