送信元設定

メールサービスの利用者を登録する方法は、以下の2種類があります。

  • 送信元ドメインを登録する
  • 送信元メールアドレスを登録する

登録方法の詳細は、APIリファレンス (Application Platform Service編) 「ドメインの所有検証開始」 または「メールアドレスの所有検証開始」を参照してください。

ヒント: 送信元ドメインを登録すれば、ドメイン内のメールアドレスを個別に登録する必要はありません。

登録が完了したドメインとメールアドレスだけ、Fromアドレス(Envelope FromとHeader From)として指定できます。

表 1. 送信元の設定項目
項目 説明
Fromアドレス 登録済みのメールアドレスか、ドメイン部分が登録済みのドメイン名に一致するものだけ、指定できる
送信先設定
  • ローカルパート:64byte以下
  • ローカルパートを含む全体で255byte以下
  • RFC準拠(厳密な準拠はしていない)
注:
  • 送信元ドメインを登録する場合、レスポンスに含まれる検証トークンの値をDNSサーバのTXTレコードに設定することにより、登録が完了します。このとき、登録するTXTレコード名は「_niftycloudess.<登録したいドメイン名>」としてください。
  • 通常10分程度でドメインが使用可能になります。