イメージファイルのダウンロード

エクスポートした仮想サーバのイメージファイルをオブジェクトストレージからダウンロードします。

始める前に

イメージファイルの保存状況は以下のとおりです。

  • イメージファイル名は、イメージの作成時に指定した<イメージ名>+<.img.gz>になります。
  • イメージファイルと一緒にメタデータ(.meta)が保存されています。イメージファイル(.img.gz)と併せてダウンロードしてください。

    注: メタデータは変更しないでください。
  • 東日本リージョン3と西日本リージョン3以外のオブジェクトストレージでは、イメージファイルは分割された状態で保存されます。

    • 分割されたファイルは、<コンテナ名>+<_segments>という別のコンテナに保存されます。

      注: これらの分割ファイルを削除した場合、イメージは利用できなくなります。

このタスクについて

イメージファイルをオブジェクトストレージからダウンロードする手順を以下に示します。

手順

  1. トークンの取得

    利用者管理サービスのAPIを実行してトークンを取得します。

    認証トークンのスコープにドメインは指定できません。

  2. 変数の設定
    # OBJECTSTRAGE=<オブジェクトストレージのAPIエンドポイント>
    # TOKEN=<取得したトークン>
    # PROJECT_ID=<プロジェクトID>
    # CONTAINER=<エクスポート先のコンテナ名>
    # OBJECT=<エクスポートしたイメージファイル名>
  3. オブジェクトの取得

    オブジェクトの取得APIを実行します。

    • 東日本リージョン3/西日本リージョン3のオブジェクトストレージからオブジェクトを取得する場合

      # curl -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" ${OBJECTSTRAGE}/v2/AUTH_${PROJECT_ID}/${CONTAINER}/${OBJECT} -o ${OBJECT}
    • 東日本リージョン3/西日本リージョン3以外のオブジェクトストレージからオブジェクトを取得する場合

      # curl -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" ${OBJECTSTRAGE}/v1/AUTH_${PROJECT_ID}/${CONTAINER}/${OBJECT} -o ${OBJECT}

次のタスク

仮想サーバのインポート(リージョン間移行)