事前準備

専有物理サーバサービスを申請する前に、専有物理サーバサービスに接続する仮想ネットワーク環境および、専有物理サーバサービス専用のネットワークコネクターを作成する必要があります。

始める前に

以下の仮想リソースを作成します。

  • 専有物理サーバサービスに接続するための、仮想ルータおよび仮想ネットワーク
  • ログイン用仮想サーバ

このタスクについて

図: 事前準備で作成する範囲



ネットワークコネクターをAPIで作成する例を、以下に示します。

専有物理サーバサービスの利用を申請する場合は、ネットワークコネクターが必須です。

手順

  1. ネットワークコネクターの作成

    以下のコマンドを実行し、ネットワークコネクターを作成します。

    # NAME=ネットワークコネクター名
    # curl -s -X POST $NETWORK/v2.0/network_connectors -H "X-Auth-Token: $OS_AUTH_TOKEN"  -H "Content-Type:application/json" -d '{"network_connector":{ "name": "'$NAME'"}}'  | jq .

    作成が完了したら、以下のように表示されます。

    {
      "network_connector": {
        "id": "ネットワークコネクターID",
        "name": "ネットワークコネクター名",
        "tenant_id": "プロジェクトID",
        "network_connector_endpoints": [],
        "network_connector_pool_id": "ネットワークコネクタープールID"
      }
    }
  2. ネットワークコネクターエンドポイントの作成

    以下のコマンドを実行し、ネットワークコネクターエンドポイントを作成します。

    # NAME=ネットワークコネクターエンドポイント名
    # NETCON_ID=ネットワークコネクターID
    # EP_TYPE=availability_zone
    # AZ=アベイラビリティゾーン名
    # curl -s -X POST $NETWORK/v2.0/network_connector_endpoints -H "X-Auth-Token: $OS_AUTH_TOKEN"  -H "Content-Type:application/json" -d '{"network_connector_endpoint":{ "name": "'$NAME'", "network_connector_id": "'$NETCON_ID'", "endpoint_type": "'$EP_TYPE'", "location": "'$AZ'"}}'  | jq .

    作成が完了したら、以下のように表示されます。

    {
      "network_connector_endpoint": {
        "id": "ネットワークコネクターエンドポイントID",
        "name": "ネットワークコネクターエンドポイント名",
        "network_connector_id": "ネットワークコネクターID",
        "tenant_id": "プロジェクトID",
        "endpoint_type": "availability_zone",
        "location": "アベイラビリティゾーン名"
      }
    }
  3. ポートの作成

    以下のコマンドを実行し、ポートを作成します。

    # PORT_NAME=ポート名
    # NETWORK_ID=ネットワークID
    # SUBNET_ID=サブネットID
    # FIXED_IP_ADDRESS=固定IPアドレス
    # SG_ID=セキュリティグループID
    # AZ=アベイラビリティゾーン名

    作成が完了したら、以下のように表示されます。

    {
      "port": {
        "status": "DOWN",
        "name": "ポート名",
        "allowed_address_pairs": [],
        "admin_state_up": true,
        "network_id": "ネットワークID",
        "tenant_id": "プロジェクトID",
        "binding:vnic_type": "normal",
        "device_owner": "",
        "mac_address": "macアドレス",
        "fixed_ips": [
          {
            "subnet_id": "サブネットID",
            "ip_address": "固定IPアドレス"
          }
        ],
        "id": "ポートID",
        "security_groups": [
          "セキュリティグループID"
        ],
        "device_id": "",
        "availability_zone": "アベイラビリティゾーン名"
      }
    }
  4. ネットワークコネクターエンドポイントのアタッチ

    以下のコマンドを実行し、ネットワークコネクターエンドポイントにポートをアタッチします。

    ヒント: subnet_idは指定しません。
    # NETCON_EP_ID=ネットワークコネクターエンドポイントID
    # PORT_ID=ポートID

    アタッチが完了したら、以下のように表示されます。

    {
      "interface": {
        "port_id": "ポートID"
      }
    }

次のタスク

作成したネットワークコネクターIDを、「専有物理サーバサービス申込書」の「【任意】仮想-物理接続_ルート追加申請書」シートに記入します。