共通事項

用語説明

本章のAPIで使用する用語を説明します。

用語 説明
監視項目 リソースに対する測定項目(性能情報や起動状態など)を表します。
アラーム 監視項目に対するしきい値監視の設定です。しきい値条件に対するアクションを設定することができます。
リソース 測定対象。本章ではインスタンス、ボリューム等を指します。
ソース 測定データの収集元を示す情報です。
集合体

特定のインスタンスを指定し、識別するために分類した測定対象群(単体でも指定可能)です。

アラームの対象に集合体を設定することで、複数のインスタンスを同じ条件で監視することができます。

MetricType

アラームに設定する監視種別(MetricType)の値を以下に示します。

Threshold項目には、下記の表の「単位」に対応した値を設定してください(80%のcpu使用率を指定したい場合は"80"を指定します)。

MetricType設定値 説明 単位
cpu.usage インスタンスに使用可能なCPUの総数に対する消費されたCPUの割合。 %
memory.usage インスタンス上で使用可能な合計メモリに対する消費されたメモリの割合。 %
network.egress.bit_rate ネットワークインターフェイスの出力ネットワーク帯域幅。 Mbps
network.egress.drops ネットワークインターフェイスの出力方向にドロップされたパケットの数。 Drops/s
network.egress.errors ネットワークインターフェイスの出力方向で観測されるパケットエラー数。 Errors/s
network.egress.packet_rate ネットワークインターフェイスの出力方向で観測されるパケットレート。 Packets/s
network.ingress.bit_rate ネットワークインターフェイスの入力ネットワーク帯域幅。 Mbps
network.ingress.drops ネットワークインターフェイスの入力方向にドロップされたパケットの数。 Drops/s
network.ingress.errors ネットワークインターフェイスの入力方向で観測されるパケットエラー数。 Errors/s
network.ingress.packet_rate ネットワークインターフェイスの入力方向で観測されるパケットレート。 Packets/s