制限値

各サービスが提供するリソースの制限値を、以下に示します。

コンピュートに関する制限値

  • スタンダードサービス

    表 1. 仮想サーバに関する制限値一覧
    項目 制限の範囲 制限値

    東日本第1/第2

    西日本第1/第2

    UK/US/フィンランド

    ドイツ/スペイン

    東日本第3

    西日本第3

    仮想サーバ数 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと 20台 50台
    仮想CPU (vCPU) 数 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと 80 200
    メモリ容量(プロジェクト内の合計) 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと 327680 MB 655360 MB
    仮想サーバに設定可能なメタデータ項目数 1仮想サーバ当たり 128 128
    キーペア数 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと 100 100
    サーバグループ数 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと 10 ※ 10
    1サーバグループに登録可能な仮想サーバ数 1サーバグループ当たり 20 ※ 20
    注:

    仮想サーバに関する制限値一覧内の項目(※印箇所)の制限値は、以下のリージョンのみ対象です。

    • 東日本リージョン2
    • UKリージョン1
    • フィンランドリージョン1
    • ドイツリージョン1
    • スペインリージョン1
    • USリージョン1
    表 2. 仮想サーバ リモートコンソール機能に関する制限値一覧
    項目 制限の範囲 制限値

    東日本第1/第2

    西日本第1/第2

    UK/US/フィンランド

    ドイツ/スペイン

    東日本第3

    西日本第3

    コンソール最大接続時間 - 30分

    上限値なし

    注: ただし、アイドル状態が10分間続くと切断されます。
    仮想サーバへの同時コンソール接続数 - 1 上限値なし
    最大同時コンソール接続数 1契約あたりAZごと 5接続 上限値なし
    コンソール接続URLの有効期限 - 10分 10分
    表 3. 仮想サーバインポートに関する制限値一覧
    項目 制限の範囲 制限値

    東日本第1/第2

    西日本第1/第2

    UK/US/フィンランド

    ドイツ/スペイン

    東日本第3

    西日本第3

    仮想サーバインポート依頼可能数 1ドメイン当たり 100件 100件
    仮想サーバインポート処理の最大実行時間 - 7日間 7日間
    仮想サーバインポート処理結果保持数 -

    1000件

    ヒント: 制限値を超えた場合は、古い処理結果から削除されます。

    1000件

    ヒント: 制限値を超えた場合は、古い処理結果から削除されます。
    仮想サーバイメージのファイルサイズ(Raw形式でのサイズ) 1イメージ当たり

    300GB

    ヒント: 分割アップロードされた.vmdkファイルは、自動的にRaw形式に変換されます。本制限値は、そのRaw変換後のサイズとなります。

    300GB

    ヒント: 分割アップロードされた.vmdkファイルは、自動的にRaw形式に変換されます。本制限値は、そのRaw変換後のサイズとなります。
    表 4. 仮想サーバエクスポートに関する制限値一覧
    項目 制限の範囲 制限値

    東日本第1/第2

    西日本第1/第2

    UK/US/フィンランド

    ドイツ/スペイン

    東日本第3

    西日本第3

    仮想サーバエクスポート依頼可能数 1ドメイン当たり 100件 100件
    1プロジェクト当たり 50件 50件
    仮想サーバエクスポート処理の最大実行時間 - 7日間 7日間
    仮想サーバエクスポート処理結果保持数 -

    1000件

    ヒント: 制限値を超えた場合は、古い処理結果から削除されます。

    1000件

    ヒント: 制限値を超えた場合は、古い処理結果から削除されます。
    仮想サーバイメージのファイルサイズ(Raw形式でのサイズ) 1イメージ当たり 300GB 300GB
    最大同時実行数 1ドメイン当たり 5 5
    1プロジェクト当たり 2 2
  • SAP向けサービス

    表 5. 仮想サーバ for SAP・専有仮想サーバ for SAPに関する制限値一覧
    項目 制限の範囲 制限値

    東日本第1/第2

    西日本第1/第2

    UK/US/フィンランド

    ドイツ/スペイン

    東日本第3

    西日本第3

    システムストレージのサイズ - OSイメージによって固定サイズとなる 機能提供なし
    増設ストレージのサイズ - 0.1~2048GB
    増設可能なストレージ数 - 1~55
    スナップショット数 - 10
    追加可能なポート数 - 1~9

ストレージに関する制限値

表 6. ブロックストレージに関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値

東日本第1/第2

西日本第1/第2

UK/US/フィンランド

ドイツ/スペイン

東日本第3

西日本第3

ストレージのサイズ(スタンダードタイプ) 1ストレージ当たり 1GB~10TB(1GB単位の指定が可能) 1GB~8TB(1GB単位の指定が可能)
ストレージのサイズ(ハイパフォーマンスタイプ) 1ストレージ当たり 1TB~3TB(1GB単位の指定が可能) -
ストレージ数 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと

50

注: 増設ストレージと追加ポート数の合計は、1仮想サーバ当たり26個までです。

100

注: 増設ストレージと追加ポート数の合計は、1仮想サーバ当たり26個までです。
ストレージ容量(プロジェクト内の合計) 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと 5TB(スナップショット容量を含む) 5TB(スナップショット容量を含む)
スナップショット数 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと 100 100
エクスポート可能な増設ストレージの最大サイズ 1増設ストレージ当たり 1TB 300GB
インポート可能な増設ストレージの最大サイズ 1増設ストレージ当たり 1TB 300GB
注:
  • 1GB=1024^3バイトです。
  • 1TB=1000GBです。
表 7. オブジェクトストレージに関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値

東日本第1/第2

西日本第1/第2

UK/US/フィンランド

ドイツ/スペイン

東日本第3

西日本第3

オブジェクト数 1ユーザー当たり 無制限 無制限
1コンテナ当たり 無制限 無制限
オブジェクト名長 - 1024Byte以下 1024Byte以下
オブジェクトサイズ 1オブジェクト当たり 0~5GB 0~5TB
オブジェクトのメタデータ名長 - 128Byte以下 128Byte以下
オブジェクトのメタデータ長 - 2048Byte以下 2048Byte以下
コンテナ数 1ユーザー当たり 無制限 -
1プロジェクト当たり - 1000
コンテナ名長 - 256Byte以下 255Byte以下
コンテナ名の一意性 - プロジェクト内で一意 リージョン内で一意
コンテナのメタデータ名長 - 128Byte以下 -
コンテナのメタデータ長 - 2048Byte以下 -

ネットワークに関する制限値

表 8. ネットワークに関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値

東日本第1/第2

西日本第1/第2

UK/US/フィンランド

ドイツ/スペイン

東日本第3

西日本第3

仮想サーバ ベアメタルサーバ
ネットワーク数 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと 10 10 10
サブネット数 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと 10 10 10
サブネットに設定可能なホストルート数 1サブネット当たり 20 20 20
ポート数 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと

50

ヒント: ストレージの増設に伴なって増加するポート数はカウントされません。
注: 増設ストレージと追加ポート数の合計は、1仮想サーバ当たり26個までです。

60

注: 増設ストレージと追加ポート数の合計は、1仮想サーバ当たり26個までです。
60
ポートに設定可能な通信許可アドレスペア数 1ポート当たり 10 10 10
グローバルIPアドレス数 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと 50 50 50
セキュリティグループ数 1プロジェクト当たり 20 20 20

セキュリティグループに設定可能なルール数

注: セキュリティグループ全体で設定可能な数です。個々のセキュリティグループに設定可能な数ではありません。
1プロジェクトあたり 100 100

Ingress: 30

Egress: 15

仮想ルータ数 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと 10 10 10
仮想ルータに設定可能なルーティング数 1仮想ルータ当たり 128 128 128
仮想ルータに接続可能な異なるプロジェクトのサブネット数 1仮想ルータ当たり - 10 10
VPNサービス数 1仮想ルータ当たり 1 1 1
IPsec VPN拠点数 1プロジェクト当たり 20 20 20
SSL-VPN接続数 1コネクション当たり 20セッション 20セッション ※ 20セッション ※
SSL-VPN接続を利用するユーザー数 1プロジェクト当たり - 255 255
SSL-VPN Connectionリソースに設定可能なセキュリティグループ数 1コネクション当たり 6 - -
ファイアーウォール数 1プロジェクト内で、1アベイラビリティゾーンごと 10 10 10
1仮想ルータ当たり - 1 1
ファイアーウォールポリシー数 1ファイアーウォール当たり 1 1 1
ファイアーウォールルール数 1ファイアーウォールポリシー当たり 500 - 200
1仮想ルータ当たり - 100 -

※SSL-VPN接続数の上限は255セッションに拡張できます。実行するAPIの詳細についてはSSL VPN V2 Connectionsを参照してください。

表 9. ロードバランサーサービスに関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値

東日本第1/第2

西日本第1/第2

UK/US/フィンランド

ドイツ/スペイン

東日本第3

西日本第3

仮想サーバ ベアメタルサーバ
ロードバランサー名 1ロードバランサー当たり
  • 長さ:1~30文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、-(ハイフン)
  • 長さ:1~30文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、-(ハイフン)、_(アンダースコア)
  • 長さ:1~99文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、-(ハイフン)、_(アンダースコア)
作成可能なロードバランサー数 1プロジェクト当たり 20 20 -
1仮想ルータ当たり - - 1
作成可能なリスナー数 1ロードバランサー当たり - - 15
作成可能なポリシー数 1ロードバランサー当たり 100 - -
最大コネクション数 1サブネット当たり - 32768 60000
表 10. DNSゾーン管理に関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値
全リージョン共通
DNSゾーン登録数 1ドメイン当たり 100
キャッシュ保持期間 (TTL) - 60~86400秒
ゾーン情報一括取得の最大数 - 100件
表 11. DNSレコード管理に関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値
全リージョン共通
レコード数 1DNSゾーン当たり 10000
対応レコードタイプ - A, AAAA, CNAME, MX, NS, TXT, LBR, PTR, SRV
ワイルドカード設定可能 - A, AAAA, MX, CNAME, TXT
表 12. DNSレコード入力制限値一覧
レコードタイプ 項目 制限内容 必須
A レコード名

長さ:1~63文字

使用可能な文字種:半角英数字、-(ハイフン)、*(ワイルドカード)、@(アットマーク)

TTL

60~86400秒

※入力値がない場合は、ゾーンのTTL値を優先

 

使用可能な文字種:半角英数字、.(ドット)

使用可能なIPv4アドレス帯であること

メモ

長さ:255文字以内

使用可能な文字種:全角

 
重みづけ

0~100

使用可能な文字種:半角数字

※1

ヘルスチェック

IPアドレス

長さ:1~32 文字

半角英数字、.(ドット)

※2

ヘルスチェック

ポート番号

長さ:1~5文字

使用可能な文字種:半角数字

※2

ヘルスチェック

ホスト名

長さ:0~255文字

使用可能な文字種:半角文字

※3

ヘルスチェック

パス

使用可能な文字種:半角文字

ポリシーによりフェイルオーバー選択時のみ未入力可能

※3
AAAA レコード名

長さ:1~63 文字

半角英数字、-(ハイフン)、*(ワイルドカード)、@(アットマーク)

TTL

60 ~ 86400秒

※入力値がない場合は、ゾーンのTTL値を優先

 

半角英数字、:(コロン)

使用可能な IPv6 アドレス帯であること

メモ

長さ:255 文字以内

使用可能な文字種:全角

 
重みづけ

0~100

使用可能な文字種:半角数字

※1

ヘルスチェック

IPアドレス

長さ:1~32 文字

使用可能な文字種:半角英数字、.(ドット)

※2

ヘルスチェック

ポート番号

長さ:1~5 文字

使用可能な文字種:半角数字

※2

ヘルスチェック

ホスト名

長さ:255文字以内

使用可能な文字種:半角文字

※3

ヘルスチェック

パス

使用可能な文字種:半角文字 ※3
CNAME レコード名

長さ:1~63 文字

使用可能な文字種:半角英数字、-(ハイフン)、*(ワイルドカード)

TTL

60 ~ 86400秒

※入力値がない場合は、ゾーンのTTL値を優先

 

長さ:1~255文字

使用可能な文字種:半角英数字、マルチバイトドメイン、.(ドット)、-(ハイフン)

メモ

長さ:255 文字以内

使用可能な文字種:全角

 
MX レコード名

長さ:1~63 文字

半角英数字、.(ドット)、-(ハイフン)、*(ワイルドカード)、@(アットマーク)

TTL

60 ~ 86400秒

※入力値がない場合は、ゾーンのTTL値を優先

 

長さ:1~255文字

使用可能な文字種:半角英数字、マルチバイトドメイン、.(ドット)、-(ハイフン)

プライオリティ

0 ~ 64000

使用可能な文字種:半角数字

メモ

長さ:255文字以内

使用可能な文字種:全角

 
TXT レコード名

長さ:1~63 文字

使用可能な文字種:半角英数字、_(アンダーバー)、-(ハイフン)、*(ワイルドカード)、@(アットマーク)

TTL

60 ~ 86400秒

※入力値がない場合は、ゾーンのTTL値を優先

 
半角英数字、半角スペース、"(ダブルクォーテーション)以外の半角記号
メモ

長さ:255 文字以内

使用可能な文字種:全角

 
NS レコード名

長さ:1~63 文字

使用可能な文字種:半角英数字、-(ハイフン)

TTL

60 ~ 86400秒

※入力値がない場合は、ゾーンのTTL値を優先

 
使用可能な文字種:半角英数字、マルチバイトドメイン、.(ドット)、-(ハイフン)
メモ

長さ:255文字以内

使用可能な文字種:全角

 
LBR レコード名

長さ:1~63文字

使用可能な文字種:半角英数字、-(ハイフン)

メモ

長さ:255文字以内

使用可能な文字種:全角

 
PTR レコード名

文字種:半角英数字、.(ドット)、-(ハイフン)

 
TTL

60 ~ 86400秒

※入力値がない場合は、ゾーンのTTL値を優先

 
使用可能な文字種:半角英数字、マルチバイトドメイン、.(ドット)、-(ハイフン)
メモ

長さ:255文字以内

使用可能な文字種:全角

 
SRV レコード名

長さ:1~63文字

使用可能な文字種:半角英数字、.(ドット)、-(ハイフン)、_(アンダーバー)

“_<サービス名>._<プロトコル名>”の形式で指定(例:_ftp._tcp)

TTL

60 ~ 86400秒

※入力値がない場合は、ゾーンのTTL値を優先

 
プライオリティ、重みづけ、ポート番号、ターゲットをこの順番に半角スペース区切りで指定
プライオリティ

0 ~ 64000

使用可能な文字種:半角数字

重みづけ

0~65535

使用可能な文字種:半角数字

ポート番号

0~65535

使用可能な文字種:半角数字

ターゲット

長さ:1~255文字

使用可能な文字種:半角英数字、マルチバイトドメイン、.(ドット)、-(ハイフン)

“<Aレコードのレコード名>.<ドメイン名>”の形式で指定

ヒント: Aレコードのレコード名 “ftp-server-01” ドメイン名 “example.com”の場合、“ftp-server-01.example.com”と指定
メモ

長さ:255文字以内

使用可能な文字種:全角

 

※1:ポリシーにより重みづけを選択時は必須項目です。

※2:ポリシーによりフェイルオーバを選択時は必須項目です。

※3:ポリシーによりフェイルオーバを選択時の場合、任意項目です。

データベースサービスに関する制限値

表 13. データベースサービスに関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値

東日本第1/第2

西日本第1/第2

UK/US/フィンランド

ドイツ/スペイン

東日本第3※1

西日本第3※1

データベース仮想サーバ数 1プロジェクト当たり 40 10
すべてのデータベース仮想サーバの合計ディスクサイズ 1プロジェクト当たり 100TB 80TB
作成可能なDBスナップショット数 1データベース仮想サーバ当たり 50世代 -
DBの最大容量 1データベース仮想サーバ当たり 10TB 5TB
DBサブネットグループ数 1データベース仮想サーバ当たり 20 -
DBサブネット数 1サブネットグループ当たり 20 -
DBパラメーターグループ数 1プロジェクト当たり 50 上限値なし
イベント通知登録数 1データベース仮想サーバ当たり 20 -
リードレプリカ数 1データベース仮想サーバ当たり 5 -
データベース仮想サーバ名 -
  • 長さ:1~255文字
  • 使用可能な文字種:英数字、-(ハイフン)
  • そのほか制約事項

    • 先頭文字は英字とする
    • ハイフンは先頭に使用できない
    • ハイフンは2つ以上連続して使用できない
  • 長さ:1~255文字
  • 使用可能な文字種:英数字、-(ハイフン)

    • 先頭文字は英字とする
    • ハイフンは先頭に使用できない
    • ハイフンは2つ以上連続して使用できない
データベース仮想サーバの説明 -
  • 長さ:1~1024文字
-
マスタユーザー名 -
  • 長さ:1~63文字
  • 使用可能な文字種:英字(小文字)、数字、_(アンダースコア)
  • そのほか制約事項

    • 先頭は英字(小文字)または_(アンダースコア)だけ使用可能
-
マスタユーザーパスワード -
  • 長さ:1~1024文字
  • 長さ:1~16文字
ユーザー名 - -
  • 長さ:1~63文字※2
  • 使用可能な文字種:英数字と以下の記号※2

    -_?#@
  • 以下の名前は使用できない※2

    • os_admin
    • root
    • postgres
ユーザーパスワード/システムユーザーパスワード - -
  • 使用可能な文字種:英数字と以下の記号※2

    -_?#@
データベース名 - -
  • 長さ:1~63文字
  • 使用可能な文字種:英数字と以下の記号※2

    -_?#@
    • 以下の記号は末尾に使用できない※2

      ?#@
  • 以下の名前は使用できない※2

    • os_admin
    • root
    • postgres
DBスナップショット名 -
  • 長さ:1~255文字
  • 使用可能な文字種:英数字、-(ハイフン)
  • そのほか制約事項

    • 先頭は英字で始まること
    • 先頭にハイフンは使用不可
    • 連続した2つ以上のハイフンは使用不可
-
リードレプリカ名 -
  • 長さ:1~255文字
  • 使用可能な文字種:英数字、-(ハイフン)
  • そのほか制約事項

    • 先頭は英字で始まること
    • 先頭にハイフンは使用不可
    • 連続した2つ以上のハイフンは使用不可
-

※1:DB接続により、お客様が直接データベースを作成する場合は、本制限値ではなくpostgreSQLの制約に従います。

※2:この制限に加えて、PostgreSQLの文字種・文字長の制約に従います。

重要: 東日本リージョン3/西日本リージョン3の制限値はα版での値です。このため、正式提供版で変更する可能性があります。

メール配信サービスに関する制限値

表 14. メール配信サービスに関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値
全リージョン共通
最大メール送信数 1秒当たり
  • API利用:50(1リクエスト/秒×50受信者)
  • SMTPインターフェース利用:500
送信元メールアドレス登録数と送信元ドメイン登録数の合計値 1プロジェクト当たり 1000
最大リクエスト数 1秒当たり
  • 10(異なるリクエスト)
  • 1(同じリクエスト)
受信者数 1リクエスト当たり 50
メール最大容量 1通当たり
  • API利用:2MB
  • SMTPインターフェース利用:10MB

    注: 添付ファイルを含みます。

コンテンツ配信サービスに関する制限値

表 15. コンテンツ配信に関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値
全リージョン共通
コンテンツ配信可能となるまでの時間 -

10分以内

ヒント: APIで配信設定の発行してからの時間となります。
配信設定数 1プロジェクト当たり 200
独自ドメインによるセキュアー配信設定数 1プロジェクト当たり

3ドメイン名

ヒント: 上限値を超える場合は、必要な数のドメイン名を申込書に記載してください。追加のライセンスキーを発行いたします。
キャッシュ動作制御ルール 1配信設定当たり 100ビヘイビア
配信可能なファイルサイズ 1ファイル当たり 1.8GB
エッジサーバに置けるファイル数 - 上限値なし
キャッシュ動作制御ルールの最大サイズ 1キャッシュ動作制御ルール当たり
  • 送信:16KB

    ヒント:

    以下の合計値となります。

    • お客様指定長
    • 配信FQDN長×オリジン設定ビヘイビア数
  • 受信:上限値なし
FQDN情報に指定可能な文字列 -

付与ドメインの場合

  • プレフィックスに指定可能な文字列:0~30文字
  • 文字種別:英数字、-(ハイフン)

独自ドメインの場合

  • FQDNに指定可能な文字列:1~255文字
  • 文字種別:英数字、-(ハイフン)、.(ドット)
注:
  • 英大文字も小文字として扱います。
  • 先頭または末尾にハイフンは使用不可。
  • "xn--"は含められません。
設定可能なキャッシュTTL - 0~9999日
API秒間実行可能数 (Rate Limiting) -

APIによっては、秒間実行数に制限あり。

ヒント: ステータスコード429が応答された場合は、しばらくしてから再実行すること。
同時アクセス可能数 - エッジサーバの上限値はなし。
アクセスログの格納先のプレフィックスに指定可能な文字列 -

1~256文字

ヒント: アカウント名、コンテナ名などを含みます。

テンプレートサービスに関する制限値

表 16. オーケストレーションに関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値

東日本第1/第2

西日本第1/第2

UK/US/フィンランド

ドイツ/スペイン

東日本第3

西日本第3

スタック数 1プロジェクト当たり 1000 1000
スタック名 -
  • 長さ:1~255文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、_(アンダースコア)、-(ハイフン)、.(ドット)
  • 長さ:1~255文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、_(アンダースコア)、-(ハイフン)、.(ドット)
スタックに含めることができるリソース数 1スタック当たり 1000 1000
イベント数 1スタック当たり

1000

注: 制限値を超えた場合は、古いイベントから削除されます。

1000

注: 制限値を超えた場合は、古いイベントから削除されます。
スタック作成時に指定できるテンプレートファイルのサイズ - 512KB以下 512KB以下

管理機能に関する制限値

表 17. トークンに関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値
全リージョン共通
グローバルトークン数 1ドメイン当たり 5000個
グローバルトークンの有効期限 - 3時間
リージョナルトークン数 1ドメイン当たり 5000個
リージョナルトークンの有効期限 - 3時間
表 18. ドメイン、プロジェクト、グループ、ユーザーに関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値
全リージョン共通
プロジェクト数 1ドメイン当たり 1000
プロジェクト名 -
  • 長さ:4~64文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字および以下の記号

    +(プラス)、=(等号)、,(カンマ)、.(ドット)、@(アットマーク)、-(ハイフン)、_(アンダースコア)

  • 大文字小文字の区別:なし
グループ数 1プロジェクト当たり 100
グループ名 -
  • 長さ:4~64文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字および以下の記号

    +(プラス)、=(等号)、,(カンマ)、.(ドット)、@(アットマーク)、-(ハイフン)、_(アンダースコア)

  • 大文字小文字の区別:なし
  • 一意性制約:ドメイン内で一意
ユーザー数 1ドメイン当たり 100000
1グループ当たり 100
ユーザー名 -
  • 長さ:4~246文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字および以下の記号

    .(ドット)、@(アットマーク)、-(ハイフン)、_(アンダースコア)

ユーザーのパスワード -
  • 長さ:16~64文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、半角空白、および以下の記号

    !#$%&()*+-.=?@[]_{}~

  • 複雑性の制約

    • ユーザー名を含まない
    • 英字を1文字以上含む
    • 数字を1文字以上含む
  • 大文字小文字の区別:あり
メールアドレス -
  • 長さ:5~64文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字および以下の記号

    !#$%&'*+-./=?@^_`{|}~

表 19. パスワードポリシーに関する値一覧
項目 制限の範囲 制限値
全リージョン共通
最低文字長 - 16文字
最低日数 - 1日
有効日数 - 90日
ロックアウト -
  • 期間:15分
  • 連続して一致しなかった回数:5回
  • ロックがかかってから解除までの時間:15分
パスワード履歴 -

過去4回

ヒント: 過去4回に設定したパスワードが変更後のパスワードに含まれる場合、パスワードを変更できません。
表 20. 鍵管理機能に関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値

東日本第1/第2

西日本第1/第2

UK/US/フィンランド

ドイツ/スペイン

東日本第3

西日本第3

鍵情報コンテナ名 -
  • 長さ:1~255文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、半角記号
  • 長さ:1~255文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、半角記号
鍵情報コンテナ数 - 100 100
鍵情報コンテナに格納可能な鍵情報数 1鍵情報コンテナ当たり 10 10
鍵情報数 - 100 100
鍵情報名 -
  • 長さ:1~255文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、半角記号
  • 長さ:1~255文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、半角記号
鍵情報のサイズ - 10000B以下 10000B以下

ベアメタルサービスに関する制限値

表 21. ストレージに関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値

東日本第1/第2

西日本第1/第2

UK/US/フィンランド

ドイツ/スペイン

東日本第3

西日本第3

共有ディスク数 1プロジェクト当たり 機能提供なし 50個
スナップショット数 1共有ディスク当たり 250個
バックアップボリューム数 1共有ディスク当たり 3個
バックアップデータの世代数 1共有ディスク当たり 250世代