設定グループ

設定グループとは、データベース仮想サーバの作成時にデータベースエンジンに対して、各種パラメーターを設定する機能です。

指定可能なパラメーターは利用するデータベースエンジンとバージョンに依存するため、設定グループを作成したあと、その配下に作成されるパラメーター群を変更して、チューニングします。

警告: 設定グループで利用できるDBパラメーターと設定可能な値は、正式提供版で変更する可能性があります。

設定グループの作成

以下のパラメーターを指定して、設定グループを作成します。

表 1. 設定グループの作成 指定可能項目一覧
項目 説明 必須
データストア名 設定グループに割り当てるデータストアを指定する。
DBパラメーター値 DBパラメーター名と値のペアリストを指定する。
設定グループ名 設定グループを識別するための名称を指定する。

設定グループの一覧取得

プロジェクト内の設定グループの一覧を取得します。

設定グループの情報参照

プロジェクト内の設定グループのIDを指定して、設定グループの詳細情報を参照します。

DBパラメーター値の変更

データベースに設定するパラメーター値を変更するには、変更したいパラメーターを設定グループに設定して、設定グループ情報を変更します。個々のパラメーターだけ指定して変更することはできません。

表 2. 個々のパラメーターに対して変更可能な項目
項目 説明
パラメーター名 値を変更したいパラメーターを指定する。
パラメーター値 変更したいパラメーター値を指定する。
注: データベース仮想サーバの再起動を必要とするパラメーターが変更された場合、データベース仮想サーバのステータスがRESTART_REQUIREDになります。データベース仮想サーバを再起動すると、パラメーターが変更されます。

設定グループの削除

プロジェクト内の設定グループのIDを指定して、不要となった設定グループを削除します。