設定項目

対象リージョン:東日本第3

ベアメタルサービスに関する設定項目を以下に示します。

共有ストレージ

表 1. 共有ストレージの作成に関する設定項目一覧
項目 必須
プロジェクトID 共有ストレージの作成先プロジェクトです。プロジェクトIDを指定してください。
サブネットID 共有ストレージに接続するサブネットです。接続先のサブネットIDを指定してください。
IPアドレス

共有ストレージに設定するIPアドレス(IPv4)です。

ヒント: 1つのサブネット内に同じIPアドレスの共有ストレージを作成できません。
サブネットマスク 共有ストレージが接続するネットワークのサブネットマスクです。IPv4で指定してください。
共有ストレージ名

共有ストレージに設定する名前です。任意の名前を指定してください。

  • 長さ:1~140文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字および以下の記号

    _(アンダースコア)
ヒント: 同じプロジェクト内に同名の共有ストレージを作成できません。
サイズ 共有ストレージに設定するサイズです。TB単位で0.5 ~ 10までの値を指定してください。
表 2. スナップショット採取に関する設定項目一覧
項目 必須
プロジェクトID スナップショットの採取対象の共有ストレージが所属するプロジェクトです。プロジェクトIDを指定してください。
共有ストレージ名 スナップショットの採取対象の共有ストレージです。共有ストレージ名を指定してください。
スナップショット名

スナップショットに設定する名前です。任意の名前を指定してください。

  • 長さ:1~200文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字および以下の記号

    _(アンダースコア)
ヒント: 同じ共有ストレージ内に同名のスナップショットデータを作成できません。
コメント

スナップショットに設定するコメントです。任意のコメントを指定してください。

  • 長さ:0~255文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、半角スペース、および以下の記号

    !#$%&()*+,-./:;<=>?@[\]^_{|}~
 
バックアップストレージ名

スナップショットデータのバックアップ先ストレージ名です。省略した場合、スナップショットデータはバックアップの対象外になります。

  • 長さ:1~150文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字および以下の記号

    _(アンダースコア)
 
表 3. バックアップの取得に関する設定項目一覧
項目 必須
プロジェクトID バックアップストレージの作成先プロジェクトです。プロジェクトIDを指定してください。
共有ストレージ名 バックアップする共有ストレージです。共有ストレージ名を指定してください。
世代数

バックアップデータを保持する世代数です。1 ~ 250までの値を指定してください。

注: 共有ストレージにほかのバックアップストレージがある場合、そのバックアップストレージの世代数と合算して250までとなります。
サイズ

バックアップストレージのサイズです。TB単位で0.5 ~ 20までの値を指定してください。

ヒント: バックアップ元の共有ストレージより小さいサイズは指定できません。
スケジュール

バックアップを実施するスケジュールです。以下の単位でスケジュールを指定してください。なお、カンマ区切りで複数指定できます。

  • 月:1~12までの値
  • 日:1~31までの値
  • 曜日:1~7までの値
  • 時:0~23までの値
  • 分:0~59までの値
注: 省略した場合は、1分毎にバックアップを取得します。
ヒント: 1=日曜、2=月曜、3=火曜、4=水曜、5=木曜、6=金曜、7=土曜
 

ブロックストレージ(iSCSI)

表 4. ブロックストレージ(iSCSI)の作成に関する設定項目一覧
項目 必須
プロジェクトID ブロックストレージ(iSCSI)の作成先のプロジェクトIDを指定します。
iSCSIイニシエーターIQN

接続を許可するiSCSIイニシエーターのIQNの配列を指定します。IQNの最大指定数は30です。

  • 長さ:1~223文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、および以下の半角記号
    :(半角コロン)
    -(半角ハイフン)
    .(半角ピリオド)
IPv4アドレス(プライマリ)

ブロックストレージ(iSCSI)のIPアドレス(プライマリ)を指定します。

IPv4アドレス(セカンダリ) ブロックストレージ(iSCSI)のIPアドレス(セカンダリ)を指定します。
サブネットマスク ブロックストレージ(iSCSI)のサブネットマスクを指定します。IPv4で指定します。指定されたIPアドレス(プライマリ・セカンダリ)、およびサブネットマスクに従い、マルチパスで接続します。
名前

ブロックストレージ(iSCSI)に設定する名前です。任意の名前を指定します。

  • 長さ:1~100文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字および以下の半角記号
    _(半角アンダースコア)
OSタイプ 接続先のベアメタルサーバのOSタイプを以下のどれかから選択して指定します。
  • Windows
  • Hypver-V
  • VMware
  • Linux
接続先のベアメタルサーバのOSが異なっていてもアクセスはできますが、性能が劣化する等の影響があるため、推奨しません。
ストレージ容量 ブロックストレージ(iSCSI)のストレージ領域(LUN)の容量を指定します。
  • 512~10240(GB単位)
スナップショット領域の容量 ブロックストレージ(iSCSI)のスナップショット領域の容量を指定します。
  • 512~20480(GB単位)
ヒント: ストレージ容量に指定する以上の値を指定します。
 
サブネットID
ブロックストレージ(iSCSI)に接続するサブネットのIDを指定します。
ヒント: 同じサブネット内に同じ名前、同じIPアドレスのブロックストレージ(iSCSI)は作成できません。
ストレージタイプ

ストレージタイプを以下のどれかから選択して指定します。それぞれ以下のQoS(性能下限値)を適用し、ストレージ機器の性能を確保します。

  • low:1GBあたり最大1 IOPS、最大16KB/s

  • medium:1GBあたり最大2 IOPS、最大32KB/s

  • high:1GBあたり最大4 IOPS、最大64KB/s

表 5. スナップショット採取に関する設定項目一覧
項目 必須
プロジェクトID スナップショットを採取するブロックストレージ(iSCSI)が所属するプロジェクトIDを指定します。
スナップショットの説明 スナップショットに設定する説明です。任意の説明を指定します。
  • 長さ:1~200文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、半角スペース、および以下の半角記号
    !#$%&()*+,-./:;<=>?@[\]^_{|}~
 
名前 スナップショットの名前を指定します。
  • 長さ:1~100文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、および以下の半角記号
    _(半角アンダースコア)
ストレージID スナップショットを採取するブロックストレージ(iSCSI)のIDを指定します。