仮想ルータ機能

外部ネットワークと内部ネットワーク、またはネットワーク同士を接続するための仮想ルータ機能を提供します。

ネットワークと仮想ルータの関係を、以下の図に示します。

図: 外部ネットワーク、内部ネットワーク、および仮想ルータの関係

仮想ルータの作成

以下の項目を指定して、仮想ルータを作成します。

警告: 仮想ルータの作成時に外部ネットワークを指定しないでください。インターネットへ通信できなくなります。外部ネットワークは仮想ルータを作成したあとで、仮想ルータの情報変更機能を使用して指定してください。
表 1. 仮想ルータ設定項目一覧
項目 説明 必須
仮想ルータ名 仮想ルータを識別する名称を指定する  

仮想ルータの情報変更

既存の仮想ルータに対し、設定情報を変更します。仮想ルータを外部ネットワークに接続するには、本機能で外部ネットワークを設定します。

表 2. 仮想ルータ情報変更 設定可能項目一覧
項目 説明 必須
仮想ルータ名 変更したい名称を指定する  
外部ネットワークID

外部ネットワークのIDを指定する

ヒント: 本IDはサブネット一覧から確認できます。
 

仮想ルータとネットワークの接続管理

既存の仮想ルータに対し、新たにサブネットを追加接続する場合は、以下の操作をします。

  1. 追加接続したいサブネットにポートを作成します。

    注: 接続先となる仮想ルータのサブネットにゲートウェイアドレスが指定されている場合、同じアドレスを使用してポートを作成してください。
  2. 作成したポートを仮想ルータにインターフェースとして追加します。
ヒント: 同じ仮想ルータに接続されたサブネット同士が仮想ルータ経由で通信できるよう、自動的にルーティングテーブルが設定されます。
重要: 仮想ルータを多段に構成できません。1つのサブネットにつき、接続できる仮想ルータは1つです。

仮想ルータの削除

不要になった仮想ルータを削除します。

重要: 仮想ルータにサブネットが接続されている場合、仮想ルータは削除できません。事前にすべてのサブネットとの接続を解除しておく必要があります。

NAT機能

仮想ルータでは以下のNAT機能が使用できます。

  • SNAT

    ネットワークから外部ネットワークに向けての通信。

    SNAT機能は、外部ネットワークに接続された仮想ルータのサブネットのリソースからの通信だけ有効です。

    ヒント:

    通信時に使用される送信元グローバルIPアドレスについて

    • ポートにグローバルIPアドレスが設定されている場合は、そのグローバルIPアドレスが通信に使用されます。
    • ポートにグローバルIPアドレスが設定されていない場合は、リージョンごとに固有のグローバルIPアドレスが通信に使用されます。

      このグローバルIPアドレスの詳細については、ヘルプデスクまでご連絡ください。

    注:
    • FUJITSU Cloud Service for OSSのIaaSサービス以外で管理されたIPアドレス(例えば、プライベート接続で接続された顧客のオンプレミスのネットワークのIPアドレス)に対するSNATはサポート対象外となります。
    • 上記の、対象外となるアドレスからの、IaaSの仮想ルータを経由して外部のインターネットへの通信が必要な場合は、ProxyまたはNATの機能を持たせた仮想サーバをプロジェクトに設置し、そこでアドレスの変換を行うことが必要です。
  • DNAT

    外部ネットワークからネットワークに向けての通信

    リソースのポートにグローバルIPアドレスを割り当てた場合は、そのグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスを相互にアドレス変換します。

警告: 仮想ルータにデフォルトゲートウェイ(0.0.0.0/0)が設定されている場合、その仮想ルータ配下の仮想サーバは外部ネットワークに接続できません。
注:
  • 仮想ルータを外部ネットワークに接続すると、仮想ルータにEXTERNAL_FIXED_IPが設定されます。現時点では、この設定によって仮想ルータの動作に影響はありません。
  • サブネットのゲートウェイアドレス(仮想ルータ)宛のICMP通信は、優先度の低いトラフィックとして扱われます。このため、ping実行時の平均応答速度は100msecになります。

プロジェクト間ネットワーク接続機能

プロジェクト間ネットワーク接続機能の詳細については、「ネットワークRBAC (Role-Based Access Control)」を参照してください。