オーケストレーション機能とは

システム上で提供される複数の仮想リソースを使用して、環境を自動で構築する機能です。

簡単な例として、データベース仮想サーバをバックエンドとするWebシステムの構築を説明します。

オーケストレーション機能では、以下のようなシステムのかたまりを1つの「スタック」として扱います。

図: 自動構築するシステムの例

このスタックを定義するテキストを、「テンプレート」と呼びます。

このテンプレートファイルを、サービスポータル/API経由でオーケストレーション機能を使用して投入すると、環境を自動で構築します。

図: オーケストレーション機能の利用イメージ