プロジェクト管理

契約内で利用する仮想リソースを、プロジェクトという単位で分割して管理します。会社内の組織または部門で使用する仮想システムを、明確に分けて管理したい場合などに利用します。

プロジェクト内の仮想リソースを、特定のユーザーおよびグループから利用させたい場合、そのユーザーおよびグループをプロジェクトに所属させることで制御できます。

全体管理者のロールを持たないユーザーは、所属するプロジェクト内のリソースだけ操作できます。ロールとプロジェクトを組み合わせることにより、他プロジェクトの仮想システムの運用操作はさせない、といった制御ができます。

注:

プロジェクトを管理するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 全体管理者のロールを持つユーザーを使用します。
  • 管理したいプロジェクトが所属するリージョンの、リージョナル利用者管理で認証処理を行い、リージョナルトークンを取得します。
  • プロジェクトの管理操作はリージョナルトークンを用いて、リージョナル利用者管理を使用します。

デフォルトプロジェクト

FJCSポータルからユーザーを作成する際、契約者ユーザーのデフォルトプロジェクトが作成済みユーザーに設定されます。デフォルトプロジェクトの情報は利用中のリージョンすべてで同期され、各リージョンで利用できます。

注:
  • ユーザーに設定されたデフォルトプロジェクトは変更できません。
  • デフォルトプロジェクト自体の情報はリージョン間で同期されますが、そこに属する仮想リソースは、それぞれのリージョナルサービスを利用して操作してください。

プロジェクトの作成

ドメイン内にプロジェクトを作成します。設定可能な項目は以下のとおりです。

表 1. プロジェクトに設定可能な項目一覧
項目 説明 必須
プロジェクト名

プロジェクトの名称を指定する

注: プロジェクト名は、リージョン内で一意である必要があります。
プロジェクトの説明 プロジェクトの説明を指定する  

プロジェクトの変更

既存のプロジェクトの設定内容を変更します。変更可能な項目は以下のとおりです。

表 2. プロジェクトに変更可能な項目一覧
項目 説明 必須
プロジェクト名

プロジェクトの名称を指定する

注: プロジェクト名は、リージョン内で一意である必要があります。
プロジェクトの説明 プロジェクトの説明を指定する  

プロジェクトの無効化

既存のプロジェクトが不要になった場合、プロジェクトを無効化します。ただし、デフォルトプロジェクトを無効化することはできません。

重要: プロジェクトを無効化しても、配下の仮想リソースは自動的には返却されず、仮想サーバ、グローバルIPアドレス、仮想ルータ、ファイアーウォールなどの稼働状態も維持されたままとなります。仮想リソースも不要の場合は、プロジェクトを無効化する前にすべて返却してください。
ヒント: 作成したプロジェクトを削除することはできません。

制限値

表 3. ドメイン、プロジェクト、グループ、ユーザーに関する制限値一覧
項目 制限の範囲 制限値
全リージョン共通
プロジェクト数 1ドメイン当たり 1000
プロジェクト名 -
  • 長さ:4~64文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字および以下の記号

    +(プラス)、=(等号)、,(カンマ)、.(ドット)、@(アットマーク)、-(ハイフン)、_(アンダースコア)

  • 大文字小文字の区別:なし
グループ数 1プロジェクト当たり 100
グループ名 -
  • 長さ:4~64文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字および以下の記号

    +(プラス)、=(等号)、,(カンマ)、.(ドット)、@(アットマーク)、-(ハイフン)、_(アンダースコア)

  • 大文字小文字の区別:なし
  • 一意性制約:ドメイン内で一意
ユーザー数 1ドメイン当たり 100000
1グループ当たり 100
ユーザー名 -
  • 長さ:4~246文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字および以下の記号

    .(ドット)、@(アットマーク)、-(ハイフン)、_(アンダースコア)

ユーザーのパスワード -
  • 長さ:16~64文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字、半角空白、および以下の記号

    !#$%&()*+-.=?@[]_{}~

  • 複雑性の制約

    • ユーザー名を含まない
    • 英字を1文字以上含む
    • 数字を1文字以上含む
  • 大文字小文字の区別:あり
メールアドレス -
  • 長さ:5~64文字
  • 使用可能な文字種:半角英数字および以下の記号

    !#$%&'*+-./=?@^_`{|}~