ロールの割当て

システムに登録されているロールをユーザーに割り当てて、役割ごとの操作権限を与えます。

ロールは標準で用意されているもの(プリセットロールと権限について)が利用できます。

ユーザーまたはグループをプロジェクトに参加させるには、ロールを選択して割り当てます。

注:

ロールの割当てを管理するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 全体管理者のロールを持つユーザーを使用します。
  • 管理したいプロジェクトが所属するリージョンの、リージョナル利用者管理で認証処理を行い、リージョナルトークンを取得します。
  • プロジェクトの管理操作はリージョナルトークンを用いて、リージョナル利用者管理を使用します。

図: ロールの割当て例