インポート状況の一覧取得

インポートの処理状況の一覧を取得します。

始める前に

インポートの処理状況は、リクエスト日時が新しい順に取得されます。この一覧に表示されるエクスポートの処理状況は、トークンのプロジェクトスコープで参照できる範囲に限定されます。

手順

  1. トークンの取得

    利用者管理サービスのAPIを実行してトークンを取得します。

    認証トークンのスコープにドメインは指定できません。

  2. 変数の設定
    # IMPORT_EXPORT=<仮想サーバインポート/仮想サーバエクスポートのAPIエンドポイント>
    # TOKEN=<取得したトークン>
  3. インポートの処理状況の一覧取得
    # curl -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" ${IMPORT_EXPORT}/v1/imageimport

タスクの結果

インポートの処理状況の一覧が表示されます。

{
    "imports":[
        {
            "import_id":"112615fa-e687-4b31-abb3-107f7a14e8a6",
            "import_status":"succeeded",
            "status":"/v1/imageimport/112615fa-e687-4b31-abb3-107f7a14e8a6/status"
        },
        {
            "import_id":"65c1d399-414a-4fef-833a-5f53975399e9",
            "import_status":"succeeded",
            "status":"/v1/images/65c1d399-414a-4fef-833a-5f53975399e9/status"
        }
    ]
}

次のタスク

仮想サーバの作成