増設ストレージの生成

増設ストレージのイメージから、増設ストレージを生成します。

手順

  1. トークンの取得

    利用者管理サービスのAPIを実行してトークンを取得します。

    認証トークンのスコープにドメインは指定できません。

  2. 変数の設定
    # BLOCKSTORAGE=<ブロックストレージのAPIエンドポイント>
    # TOKEN=<取得したトークン>
    # PROJECT_ID=<プロジェクトID>
    # IMAGE_ID=<増設ストレージのイメージID>
  3. パラメータファイルの準備

    以下の内容をparam.jsonとして保存します。

    {
        "volume": {
            "size": 100,
            "imageRef": "<IMAGE_IDの値>"
        }
    }
  4. 増設ストレージの作成

    ボリュームの作成APIを実行します。

    • 東日本リージョン3/西日本リージョン3の増設ストレージを作成する場合

      # curl -X POST -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" -H "Content-Type: application/json" ${BLOCKSTORAGE}/v3/${PROJECT_ID}/volumes -d @param.json
    • 東日本リージョン3/西日本リージョン3以外の増設ストレージを作成する場合

      # curl -X POST -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" -H "Content-Type: application/json" ${BLOCKSTORAGE}/v2/${PROJECT_ID}/volumes -d @param.json

    レスポンスボディの"status"が"creating"になっている場合、ボリュームの作成は開始されています。

    {
        "volume":{
            "status":"creating",
            "user_id":"d476b7a6a9a74d00b78bc87a3e87de7b",
            "attachments":[],
            "links":[
                {
                    "href":"http://10.3.0.201/v2/790f1c092038413a8dd6771a033b17f5/volumes/936d120c-8145-487b-95c3-8d42de40184b",
                    "rel":"self"
                },
                {
                    "href":"http://10.3.0.201/790f1c092038413a8dd6771a033b17f5/volumes/936d120c-8145-487b-95c3-8d42de40184b",
                    "rel":"bookmark"
                }
            ],
            "availability_zone":"jp-east-1a",
            "bootable":"false",
            "encrypted":false,
            "created_at":"2018-08-30T04:18:53.656438",
            "description":null,
            "volume_type":"M1",
            "name":null,
            "source_volid":null,
            "snapshot_id":null,
            "metadata":{
                "readonly":"False"
            },
            "id":"936d120c-8145-487b-95c3-8d42de40184b",
            "size":10
        }
    }
  5. 変数の設定

    ボリュームの作成APIで発行されたボリュームIDを変数に設定します。

    PROJECT_ID=<対象のプロジェクトID>
    VOLUME_ID=<作成したボリュームID>
  6. 増設ストレージの生成結果の確認

    以下のAPIを実行します。

    curl --insecure -i -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" -H "Content-Type: application/json" ${BLOCKSTORAGE}/v2/${PROJECT_ID}/volumes/${VOLUME_ID}

タスクの結果

レスポンスボディの"status"が"available"になっている場合、増設ストレージの生成は完了しています。

{
    "volume":{
        "status":"available",
        "volume_image_metadata":{
            "container_format":"bare",
            "min_ram":"0",
            "disk_format":"raw",
            "image_name":"rt_vol_for_centos_image_20181011_3",
            "image_id":"8ab3b952-ddba-4f9b-af9a-43dd9baf49d6",
            "min_disk":"0",
            "size":"1073741824"
        },
        "user_id":"d476b7a6a9a74d00b78bc87a3e87de7b",
        "attachments":[],
        "links":[
            {
                "href":"http://10.3.0.201/v2/790f1c092038413a8dd6771a033b17f5/volumes/016480cb-24b2-4e61-81fb-2624cb3318b2",
                "rel":"self"
            },
            {
                "href":"http://10.3.0.201/790f1c092038413a8dd6771a033b17f5/volumes/016480cb-24b2-4e61-81fb-2624cb3318b2",
                "rel":"bookmark"
            }
        ],
        "availability_zone":"jp-east-1a",
        "bootable":"true",
        "encrypted":false,
        "created_at":"2018-10-11T07:02:06.000000",
        "description":null,
        "os-vol-tenant-attr:tenant_id":"790f1c092038413a8dd6771a033b17f5",
        "volume_type":"M1",
        "name":null,
        "os-vol-host-attr:host":"ror-cinder@m02_nomirror",
        "source_volid":null,
        "snapshot_id":null,
        "os-vol-mig-status-attr:name_id":null,
        "metadata":{
            "readonly":"False"
        },
        "id":"016480cb-24b2-4e61-81fb-2624cb3318b2",
        "os-vol-mig-status-attr:migstat":null,
        "size":1
    }
}

次のタスク

増設ストレージのアタッチ