FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O Digital enhanced EXchange接続(プライベート接続)#

※FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O Digital enhanced EXchange接続(旧プライベート接続サービス)は以降、図中ではDEX(プライベート接続)と省略します。

1. 主な変更点#

以下の変更に伴う新リージョンのネットワーク構成、および注意事項を説明します。

カテゴリ 変更点
仮想ルータとネットワークの接続 1つのネットワークは、1つの仮想ルータのみ接続可能
ネットワークコネクター プライベート接続はネットワークコネクターを経由せず、仮想ルーターに直接接続

2. 新リージョンのネットワーク構成#

仮想サーバは1つの仮想ルータを経由して、インターネット・オンプレ環境、およびIaaSが提供する「共通ネットワークサービス」に接続します。

  • 仮想ルータを外部ネットワークに接続することで、デフォルトルートが自動的に設定されます。
  • オンプレ環境のルータからBGPでルーティング情報が配信されるため、仮想サーバからオンプレ環境への接続は自動的に可能です。
  • 共通ネットワークサービスについて
    • OSのライセンス認証(KMS)、アップデート適用(WSUSやyum)などのサービスを提供
    • 利用はIaaSからのアクセスのみ


【注意】オンプレ環境にあるサーバから、IaaSの仮想ルータを経由してインターネットに接続したい場合は、以下の対応を行ってください。

  • IaaSの内部ネットワークにNATサーバを配備
  • オンプレ環境のサーバは、NATサーバを経由してインターネットに接続

3. ネットワーク構成に関する注意事項#

上記の構成から、デフォルトルートをオンプレ環境側へ変更すると、共通ネットワークサービスを利用できない状態になります。

  • 仮想サーバはオンプレ環境経由でインターネットに接続したい」要件がある場合に該当します。

3.1. 新リージョンNG構成#

デフォルトルートをオンプレ環境側へ変更すると、IaaSの外部ネットワークを経由した接続ができなくなります。


新リージョンでは「1つのネットワークは、1つの仮想ルータのみ接続可能」です。
以下のように、仮想サーバが接続された内部ネットワークから複数の仮想ルータに接続し、通信経路を振り分ける構成はできません。


3.2. 旧リージョンOK構成#

旧リージョンでは「1つのネットワークは、複数の仮想ルータ(ネットワークコネクターを含む)に接続可能」なため、以下の通信経路を設定できます。

  • 仮想ルータを経由した共通ネットワークサービスへの通信経路
  • ネットワークコネクターからオンプレ環境を経由した、インターネットへの通信経路


3.3. 新リージョンOK構成#

注意事項に対する回避策は、以下の3つの中から選択してください。

  • (1)仮想サーバで通信経路を振り分ける
  • (2)NATサーバで通信経路を振り分ける
  • (3)L3機能を持つ仮想サーバ(仮想アプライアンスIPCOM VE2m(以降IPCOM VE2m)等)で通信経路を振り分ける

(1)仮想サーバで通信経路を振り分ける#

  • 仮想ルータと内部ネットワークを2セット作成します。
    • A:オンプレ環境接続用
    • B:共通ネットワークサービス等への接続用
  • 仮想サーバを2つのネットワークに接続します。
  • 仮想サーバに通信経路を設定します。

(2)NATサーバで通信経路を振り分ける#

  • 仮想ルータと内部ネットワークを2セット作成します。
    • A:オンプレ環境接続用
    • B:共通ネットワークサービス等への接続用
  • 仮想サーバは「A:オンプレ環境接続用」のネットワークに接続します。
  • NATサーバを構築し、2つのネットワークに接続します。
  • NATサーバにDNAT設定を行います。
  • 「A:オンプレ環境接続用」ネットワークのサブネットに通信経路を設定します。

(3)L3機能を持つ仮想サーバ(IPCOM VE2m等)で通信経路を振り分ける#

  • 仮想ルータと内部ネットワークを2セット作成します。
    • A:オンプレ環境接続用
    • B:共通ネットワークサービス等への接続用
  • 仮想サーバは「A:オンプレ環境接続用」のネットワークに接続します。
  • L3機能を持つ仮想サーバ(IPCOM VE2m等)を構築し、2つのネットワークに接続します。
  • L3機能を持つ仮想サーバ(IPCOM VE2m)にL3中継設定を行います。
  • 「A:オンプレ環境接続用」ネットワークのサブネットに通信経路を設定します。