フェイルオーバ機能

利用者が設定可能なエンドポイントへのヘルスチェックを行い、正常の場合は通常のレコード情報、異常が発生している場合は待機側のレコード情報を応答させることによって、異常が発生したサーバへの振り分けを閉塞します。

表 1. フェイルオーバ設定項目
項目 説明
プライマリー 1レコードだけ指定する。複数の指定はできない
セカンダリ 複数の指定ができる
注: A、AAAAレコードだけ利用可能です。
表 2. ヘルスチェック先設定項目
項目 説明
プロトコル HTTP、HTTPS、TCPから選択する
IPアドレス 値で入力したIPアドレスが表示される。変更可能
ポート番号 プロトコルでHTTP選択時は80、HTTPS選択時は443が表示される。変更可能
ホスト名 プロトコルでHTTPまたはHTTPSを選択したときに表示される。HTTPヘッダーのホスト情報を入力する
パス プロトコルでHTTPまたはHTTPSを選択したときに表示される。ヘルスチェック対象となるURLのパス部分を入力する
URL プロトコルでHTTPまたはHTTPSを選択したときに、IPアドレス、ポート番号、パスから表示される。編集不可
注:

ヘルスチェックのルール

  • レコードごとに指定されている個別のヘルスチェックを実行します。
  • ヘルスチェックは5分間隔で行われます。
  • ヘルスチェック時には、対象サーバに対してインターネット経由でパケットを送信することによりチェックします。
  • フェイルオーバの切替え対象は、同ホストかつ同レコードタイプを1グループとして実行します。
  • 同じグループのレコード名は全て同じ名前にしてください。
  • 対象のIPアドレスはグローバルIPアドレスを設定してください。
  • 対象のIPアドレスにパケットが届くように、ネットワークやOS(ファイアーウォールサービス、セキュリティグループルール、およびOSのファイアーウォールなど)を設定しておいてください。
  • セカンダリが複数設定されている場合は、先に登録されたレコードが優先されます。
  • ヘルスチェックは、通常プライマリーに対してのみ行われます。
  • プライマリーに対するヘルスチェックが異常であった場合、プライマリーとセカンダリの両方にヘルスチェックが行われるようになります。
  • プライマリーとセカンダリのサーバ状態および振分け先の関係は、以下の表のとおりです。

    表 3. プライマリーとセカンダリの状態および振分け先の関係
    プライマリーとセカンダリの状態 振分け先
    プライマリー セカンダリ
    プライマリー
    × プライマリー
    × セカンダリ
    × × 両方のヘルスチェック異常前の状態に依存

    図: ヘルスチェックの振分け先

  • プライマリー、セカンダリ両方のヘルスチェックが異常になった場合には、いずれかが復旧するまで、異常前の振分けを継続します。

    図: プライマリー、セカンダリ異常時の振分け

注意事項

  • フェイルオーバを使用するときは、レコードのTTLを60秒にすることを推奨します。