スナップショット機能

利用中のブロックストレージに対して、スナップショットを作成します。システムストレージまたは増設ストレージのどちらでも利用できます。

以下の機能を提供します。

スナップショットの取得

仮想サーバで利用中のブロックストレージに対するスナップショットを取得します。仮想サーバが稼働中または停止中のどちらの状態でも取得できます。

注: オンライン状態で取得したスナップショットを再利用した場合の動作は保証できません。確実な動作を期待するバックアップデータとしたい場合は、仮想サーバが停止状態のときに取得するようにしてください。

スナップショットの削除

不要になった取得済みスナップショットデータを、指定して削除します。

スナップショットからのリストア

スナップショットからブロックストレージをリストアできます。リストア先のブロックストレージには以下を指定できます。

  • スナップショット取得元のブロックストレージ

    注: 東日本リージョン3/西日本リージョン3ではリストア先として本対象を指定できません。
  • 新規作成したブロックストレージ
注:
  • スナップショットの取得元とは異なる既存のブロックストレージを、スナップショットからのリストア先に指定できません。
  • システムストレージとして再利用する場合は、スナップショット元となるブロックストレージがブート可能である必要があります。
  • スナップショットからのリストアでブロックストレージを作成する場合、ストレージタイプは選択できません。