仮想サーバへのログイン

稼働中の仮想サーバに、ネットワーク経由でログインする方法を説明します。

仮想サーバへのログイン方法は、使用するOSイメージによって異なります。

Windows仮想サーバへのログイン

Windows仮想サーバにログインするにはリモートデスクトップ接続を利用します。クライアントPCから対象仮想サーバのプライベートIPアドレスを指定して、接続します。

ヒント: 管理者ユーザーIDは「k5user」、パスワードは仮想サーバ作成時に仮想サーバの管理者ユーザーパスワードについてで取得したものを使用します。
重要:

Windows 2016またはWindows 2012 R2で初回ログイン後、画面の右端に以下のような問合せ画面が表示されます。必ず「はい」を選択してください。「いいえ」を選択した場合、リモートデスクトップ接続ができなくなることがあります。その場合は、対象仮想サーバを破棄し、再配備する必要があります。

このネットワーク上のPC、デバイス、コンテンツを探し、プリンターやTVなどのデバイスに自動的に接続しますか?
ホームネットワークと社内ネットワークではこの操作を行うことをお勧めします。

図: 初回ログイン時の問合せ画面



Red Hat Enterprise Linux仮想サーバへのログイン

Red Hat Enterprise Linux仮想サーバへログインするには、仮想サーバ作成時に使用した登録済みキーペアを使用して、SSH経由でログインします。

ヒント: 管理者ユーザーIDは「k5user」です。

SUSE Linux Enterprise Server仮想サーバへのログイン

SUSE Linux Enterprise Server仮想サーバへログインするには、仮想サーバ作成時に使用した登録済みキーペアを使用して、SSH経由でログインします。

ヒント: 管理者ユーザーIDは「k5user」です。

CentOS仮想サーバへのログイン

CentOS仮想サーバへログインするには、仮想サーバ作成時に使用した登録済みキーペアを使用して、SSH経由でログインします。

ヒント: 管理者ユーザーIDは「k5user」です。

Ubuntu仮想サーバへのログイン

Ubuntu仮想サーバへログインするには、仮想サーバ作成時に使用した登録済みキーペアを使用して、SSH経由でログインします。

ヒント: 管理者ユーザーIDは「ubuntu」です。

Red Hat OpenShift Container Platform仮想サーバへのログイン

Red Hat OpenShift Container Platform仮想サーバへログインするには、仮想サーバ作成時に使用した登録済みキーペアを使用して、SSH経由でログインします。

ヒント: 管理者ユーザーIDは「k5user」です。