プロビジョニングスクリプト機能

仮想サーバの作成時に、初期処理として様々なデータの受け渡しやスクリプトによる自動処理を実行する機能を提供します。

プロビジョニングスクリプト機能においては、以下の複数の方法で仮想サーバ作成時に必要な情報を渡します。

  • メタデータ
  • ユーザーデータ

メタデータの設定

KeyValue形式のデータを仮想サーバに関連付けて設定します。仮想サーバを作成すると自動的に設定されるデータのほかに、ユーザーが必要な項目を追加で設定することもできます。例えば、VSYS_NAME=e-learningのように仮想サーバ群を1つのシステムとして識別するための情報などです。

注: 仮想サーバはメタデータをIaaSの特別なサーバから取得します。仮想サーバから仮想ルータを経由して、http://169.254.169.254と通信ができるよう、セキュリティグループ、ファイアーウォール、およびルーティングを必要に応じて設定してください。

ユーザーデータの設定

ユーザーデータは、テキスト形式で仮想サーバにデータを渡す機能です。仮想サーバ起動時に実行するスクリプトを指定することもできます。

  • Windows の場合

    PowerShellまたはWindows Batchを使用して記述します。

  • Red Hat Enterprise Linuxの場合

    shまたはbashを使用して記述します。

  • SUSE Linux Enterprise Serverの場合

    shまたはbashを使用して記述します。

  • CentOSの場合

    shまたはbashを使用して記述します。

  • Ubuntuの場合

    shまたはbashを使用して記述します。

  • Red Hat OpenShift Container Platformの場合

    shまたはbashを使用して記述します。

注:

スクリプトはOSごとに以下のソフトウェアの機能を使用して実行されます。詳細は各ソフトウェアのサポートサイトを参照してください。

表 1. OS別スクリプト機能提供ソフトウェア
OS種別 スクリプト機能提供ソフトウェア
Windows Cloudbase-init
Red Hat Enterprise Linux Cloud-init
SUSE Linux Enterprise Server Cloud-init
CentOS Cloud-init
Red Hat OpenShift Container Platform Cloud-init
注:
  • Cloudbase-initのインストール時に「cloudbase-init」ユーザーが作成されます。
  • 「cloudbase-init」ユーザーは削除しないでください。削除した場合、プライベートイメージから仮想サーバを正常に作成できなくなる可能性があります。