負荷分散対象の異常監視

負荷分散対象となっている仮想サーバに対して、ヘルスチェックを行う条件を設定します。

負荷分散対象仮想サーバのヘルスチェック条件設定

負荷分散対象の仮想サーバが正常に応答しているかをチェックする条件として、以下の項目を設定します。

表 1. ヘルスチェック条件項目一覧
項目 説明 必須
方式

負荷分散対象の仮想サーバを監視する方式を、選択する

「protcol:port[url]」の形式で指定する

  • protocol:TCP、HTTP、HTTPS、SSLのどれかを指定
  • port:1~65535の範囲
  • url:URLパスを指定(省略可能)
インターバル(秒) ヘルスチェックを行う間隔を、秒単位で指定する(1~2147483647)
タイムアウト(秒)

ヘルスチェックの応答を待つタイムアウト時間を、秒単位で指定する(1~2147483647)

重要: インターバル(秒)より小さい値を、指定してください。
異常連続検出しきい値(回数) 対象仮想サーバが故障したと判断して、負荷分散対象から除外するヘルスチェック連続失敗回数を指定する(1~2147483647)
正常連続検出しきい値(回数) 対象仮想サーバが復旧したと判断して、負荷分散対象に組み込むヘルスチェック連続成功回数を指定する(1~2147483647)
ヒント: 負荷分散対象の異常監視機能は、指定された間隔でヘルスチェックを実施します。ヘルスチェックによる故障判定前にもかかわらずリクエストがエラーになった場合は、別の負荷分散対象の仮想サーバにリクエストを再送信します。