サブネット管理

ネットワークに接続するリソースに対するプライベートIPアドレスの管理、DHCPによるIPアドレスの自動設定などのサブネット機能を提供します。

サブネットの作成

ネットワークに以下の項目を設定して、サブネットを作成します。

表 1. サブネット設定項目一覧
項目 説明 必須
サブネット名 ほかのサブネットと識別するための名前を指定する  
ネットワークID サブネットを所属させるネットワークIDを指定する
IPバージョン IPv4で指定する
ネットワークアドレス

以下のプライベートIPアドレスの範囲内で、CIDR表記で指定する

  • クラスA : 10.0.0.0~10.255.255.255
  • クラスB : 172.16.0.0~172.31.255.255
  • クラスC : 192.168.0.0~192.168.255.255
注: ISP shared address(100.64.0.0/10および、そのサブネットを分割したサブネットアドレス)は指定しないでください。
注: 192.168.122.0/24は指定しないでください。
ヒント: 上記以外の範囲も設定は可能ですが、お客様責任で設定および動作検証を行ってください。
IPアドレス範囲 ネットワークアドレス内で払い出すIPアドレスの範囲を、開始アドレスおよび終了アドレスで指定する  
ゲートウェイアドレス ゲートウェイIPアドレスを指定する  
DHCPによる自動割当ての有無 trueまたはfalseを指定する  
アベイラビリティゾーン名 サブネットを作成するアベイラビリティゾーンを指定する。省略した場合は、デフォルトのアベイラビリティゾーンに作成される  
ヒント: DNSサーバと通信するために、インターネットへのアウトバウンド通信を許可する必要があります。セキュリティグループ機能またはファイアーウォールサービスの設定内容を確認し、DNSサーバへの通信(プロトコル:TCP/UDP、ポート番号:53)を許可するようにしてください。

サブネットの削除

不要になったサブネットを削除します。

注: サブネットに接続されているリソースがIPアドレスを使用中の場合、サブネットは削除できません。