サブネット管理

ネットワークに接続するリソースに対するプライベートIPアドレスの管理、DHCPによるIPアドレスの自動設定などのサブネット機能を提供します。

サブネットの作成

ネットワークに以下の項目を設定して、サブネットを作成します。

表 1. サブネット設定項目一覧
項目 説明 必須
サブネット名 ほかのサブネットと識別するための名前を指定する  
ネットワークID サブネットを所属させるネットワークIDを指定する
IPバージョン IPv4で指定する
ネットワークアドレス

以下のプライベートIPアドレスの範囲内で、CIDR表記で指定する

  • クラスA : 10.0.0.0~10.255.255.255
  • クラスB : 172.16.0.0~172.31.255.255
  • クラスC : 192.168.0.0~192.168.255.255
注: ISP shared address(100.64.0.0/10および、そのサブネットを分割したサブネットアドレス)は指定しないでください。
注: 192.168.122.0/24は指定しないでください。
ヒント: 上記以外の範囲も設定は可能ですが、お客様責任で設定および動作検証を行ってください。
IPアドレス範囲 ネットワークアドレス内で払い出すIPアドレスの範囲を、開始アドレスおよび終了アドレスで指定する  
ゲートウェイアドレス

ゲートウェイIPアドレスを指定する

注:

省略した場合は、サブネットの1つ目のアドレスが設定されます。

例)xxx.xxx.xxx.0/24の場合:xxx.xxx.xxx.1

 
DHCPによる自動割当ての有無

trueまたはfalseを指定する

サブネットが仮想ルータに接続されている場合、DHCPサーバはIPアドレスの1以降から順番に割り当てます。サブネットが仮想ルータに接続されていない場合、DHCPサーバはIPアドレスの254以下から順番に割り当てます。

注: 作成したサブネットを仮想ルータに接続する場合、DHCPによる自動割当ては無効にできません。
注: ベアメタルサーバ上の仮想サーバでは、サブネットのDHCPを利用できません。お客様にてDHCPサーバを用意してください。
 
ホストルート

サブネットに接続されたVMのルーティング情報を指定する

注: Red Hat Enterprise Linux 7.3以降のバージョンの仮想サーバを利用する場合は、デフォルトルート(0.0.0.0/0)を追加で指定する必要があります。
 
ヒント: DNSサーバと通信するために、インターネットへのアウトバウンド通信を許可する必要があります。セキュリティグループ機能またはファイアーウォールサービスの設定内容を確認し、DNSサーバへの通信(プロトコル:TCP/UDP、ポート番号:53)を許可するようにしてください。
注: 仮想サーバを作成する場合、事前に対象のサブネットを仮想ルータにアタッチする必要があります。仮想ルータにアタッチされていないサブネットを、仮想サーバを作成した後にアタッチしても正常に通信できない場合があります。

サブネットの更新

サブネットの情報を更新します。

注: サブネットのhost_routesやDNSサーバを変更する場合は、必ずサブネットを更新してください。仮想サーバの設定変更によってhost_routesやDNSサーバを変更した場合の動作は保証できません。

サブネットの削除

不要になったサブネットを削除します。

注: サブネットに接続されているリソースがIPアドレスを使用中の場合、サブネットは削除できません。