ネットワーク管理

対象リージョン:東日本第3/西日本第3

仮想サーバ/ベアメタルサーバを作成するため、プロジェクト内にネットワークを作成または削除する機能を提供します。

ネットワークはプロジェクト内に複数作成できます。

ネットワークの作成

以下の項目を指定して、ネットワークを作成します。

表 1. ネットワーク設定項目一覧
項目 説明 必須
ネットワーク名 ほかのネットワークと識別するための名前を指定する  
ヒント:

ネットワークのMTUの初期値は8950です。MTUは任意の値に変更することができ、以下のタイミングで仮想サーバ側の設定値として反映されます。

なお、仮想サーバのOSのバージョンにより反映されない場合があります。必要に応じて仮想サーバ側で設定してください。

  • 仮想サーバの作成
  • 仮想サーバの解放・復元
  • 仮想サーバの再起動(ハードリブートの場合のみ)
  • 仮想サーバの強制停止・起動
  • 仮想サーバの再作成
  • 仮想サーバのリサイズ
  • ホストマシンの故障などによるオートフェイルオーバ発生時

仮想サーバなどのリソースを作成するには、作成したネットワークに対して引き続きサブネットを作成します。

外部ネットワークとの通信

外部ネットワークと通信するには、仮想ルータを作成してネットワークと接続する必要があります。

警告: 外部ネットワークと通信する場合は、仮想サーバ側でMTU値を1500以下に設定してください。設定されていないとネットワークのMTU値が反映され、通信できなくなることがあります。

ネットワークの削除

不要になったネットワークを削除します。

重要: 削除するネットワークに、ユーザーが接続した仮想サーバや仮想ルータが存在している場合、先にそれらの接続を解除する必要があります。

APIリファレンス

対象リージョン:東日本第3西日本第3

API詳細(Networks)