オブジェクトストレージとは

格納するデータを、オブジェクト(コンテンツとメタデータからなる)単位で分割保存するオンラインストレージです。オブジェクトベース・ストレージと呼ぶこともあります。

オブジェクトストレージは、リージョン単位で用意されたエンドポイントに対し、コンテナの作成やオブジェクトの登録などの操作によって、バイナリデータを格納することができるサービスです。

リージョンに格納されたデータは、複数のアベイラビリティゾーンに分散して格納されます。これにより、アベイラビリティゾーンのうち1か所が停止した場合でも、ほかのアベイラビリティゾーンからデータが取り出せることを保証します。