12. オブジェクトストレージ#

12.1 機能概要#

本機能では、IaaSポータル上でのオブジェクトストレージ機能を提供します。これにより、データをオブジェクト(コンテンツおよびメタデータからなる)単位で格納、取り出しが可能なオンラインストレージを利用できます。 提供機能は以下のとおりです。

  • コンテナ

    • コンテナの一覧表示および詳細表示
    • コンテナの作成、編集および削除
    • コンテナに対するアクセスポリシー(ACL)設定 ※1
    • コンテナメタデータの作成および削除 ※2
  • オブジェクト

    • オブジェクトの一覧表示および詳細表示
    • オブジェクトの作成および削除
    • オブジェクトの再アップロード
    • オブジェクトのメタデータ編集 ※2
    • オブジェクトのダウンロード
    • オブジェクトのVM(仮想サーバ)インポート ※2

※1 コンテナに対するアクセスポリシー(ACL)設定とは、コンテナのリード権限(X-Container-Read)とライト権限(X-Container-Write)を設定できる機能です。これらを設定することにより、以下に対してコンテナへのアクセスを制御することが可能です。

  • プロジェクト/ユーザー
  • HTTPリクエストに含まれるリファラヘッダー

※2 東日本リージョン3/西日本リージョン3では、提供していない機能です。

12.2 オブジェクトストレージの利用方法#

本章では、以下の利用方法を説明します。

  • コンテナの作成
  • オブジェクトの作成
  • オブジェクトのダウンロード
  • オブジェクトのVMインポート

#

12.2.1 コンテナの作成#

  1. コンテナ一覧画面の表示
    [ストレージ]→[オブジェクトストレージ]を押下し、コンテナ一覧画面を表示します。この画面で各コンテナのコンテナ名、オブジェクト数、使用容量およびアクセスポリシー(ACL)の情報を参照することができます。
    コンテナ一覧画面で「+」ボタンをクリックし、コンテナ作成画面を表示します。
    image084
    図 12-1 コンテナ一覧画面
  2. コンテナの作成
    コンテナ作成画面で設定項目を入力後、「作成」ボタンを押下し、コンテナを作成します。コンテナ一覧画面に、作成されたコンテナが表示されます。
    image085
    図 12-2 コンテナ作成画面
    コンテナを作成する際に必要な設定項目を以下に示します。
    表 12-1 コンテナ作成時の入力項目

    No.項目名 ※1説明
    1コンテナ名コンテナの名前 ※3
    2X-Container-Readリード権限のアクセスポリシー(ACL)設定
    3X-Container-Writeライト権限のアクセスポリシー(ACL)設定
    4X-Versions-Location ※2バージョニング管理用コンテナの名前
    5コンテナメタデータ ※2コンテナメタデータに設定するキーおよび値
    X-Container-Meta-Access-Control-Allow-Origin ※2“*”(初期値) (注)変更した場合はポータルからファイルのアップロード及びダウンロードが利用できません。
    X-Container-Meta-Access-Control-Max-Age ※2“3628800”(初期値)

    ※1 各項目の詳細については「APIリファレンス(Foundation Service編)」を参照してください。
    ※2 東日本リージョン3/西日本リージョン3では表示されません。
    ※3 東日本リージョン3/西日本リージョン3では指定可能なコンテナ名はリージョン内で一意である必要があります。

  3. コンテナ詳細画面の確認
    コンテナ一覧画面からコンテナ名をクリックすることにより、コンテナの詳細情報を参照することができます。コンテナ詳細画面では、オブジェクト、コンテナ情報、およびコンテナメタデータが表示されます。
    image086
    図 12-3 コンテナ詳細画面

コンテナ詳細画面に表示される項目を以下の表に示します。

表 12-2 コンテナ詳細画面の表示項目

No.分類項目名説明
1オブジェクトオブジェクト名オブジェクトの名前
2サイズオブジェクトのサイズ
3Content-TypeオブジェクトのMIMEタイプ
4更新日時(UTC)オブジェクトの作成日時/メタデータが変更された日時
5コンテナ情報コンテナ名コンテナの名前
6オブジェクト数コンテナ内オブジェクトの総数
7使用容量コンテナ内オブジェクトの合計バイトサイズ
8X-Container-Readリード権限のアクセス制御(ACL)
9X-Container-Writeライト権限のアクセス制御(ACL)
10X-Versions-Location ※1バージョニング管理用コンテナの名前
11X-Trans-Idリクエストに付与されるID
12実行日時(UTC)トランザクションの実行された日付と時間
13X-Fcx-Endpoint-Request ※2APIエンドポイントとしてリクエストを受け付けたことを示す番号
14X-Timestamp(UTC) ※2リクエストを処理した時刻
15コンテナメタデータコンテナメタデータキー ※1コンテナメタデータに設定するキー
16コンテナメタデータ値 ※1コンテナメタデータに設定する値

※1 東日本リージョン3/西日本リージョン3では表示されません。
※2 東日本リージョン3/西日本リージョン3のみ表示されます。

#

12.2.2 オブジェクトの作成#

  1. コンテナ詳細画面よりオブジェクト一覧情報の表示
    コンテナ詳細画面からオブジェクト一覧情報を参照できます。オブジェクト一覧情報では、オブジェクト名、サイズ、Content-Type、更新日時(UTC)が表示されます。
    コンテナ詳細画面のオブジェクトの「+」ボタンをクリックし、オブジェクト作成画面を表示します。
    image087
    図 12-4 コンテナ詳細画面(オブジェクト部分)
    他の方法として、コンテナ一覧画面のアクションメニュー「オブジェクト作成」をクリックすることでも、オブジェクト作成画面へ遷移できます。
  2. オブジェクトの作成
    オブジェクト画面で設定項目を入力後、「作成」ボタンを押下して、オブジェクトを作成します。既存オブジェクトと名前が一致する場合は、更新確認用のダイアログが表示されます。
    image088
    図 12-5 オブジェクト作成画面
    オブジェクト作成画面に表示される項目を以下の表に示します。
    表 12-3 オブジェクト作成画面の表示項目
    No.項目名※1説明
    1オブジェクト名オブジェクトの名前
    2ファイル登録するファイル
    ファイルサイズの最大制限は1GB
    ※1GBを超える場合は、ラージオブジェクトの設定が必要になります。
    ※ファイル分割は利用者により実施してください。
    3X-Detect-Content-Type ※2オブジェクトのMIMEタイプの自動および手動設定
    4Content-TypeオブジェクトのMIMEタイプ設定
    5X-Copy-Fromコンテナ ※2複製元オブジェクトのコンテナ名
    6X-Copy-Fromオブジェクト ※2複製元オブジェクト名
    7ETagオブジェクトのMD5チェックサムの設定
    8Content-Disposition ※2ブラウザの振る舞いの設定
    9削除予定日時(UTC)オブジェクトが削除される予定日時をUTC形式での指定
    10ラージオブジェクト ※2ラージオブジェクトに関する設定
    設定方法は以下の三種類
    設定無しラージオブジェクトとして扱わない場合の設定
    X-Object-Manifest動的ラージオブジェクトの設定
    コンテナ名/オブジェクト名を設定します。
    multipart-manifest静的ラージオブジェクトの設定
    JSON形式にて設定します。
    11オブジェクトメタデータ ※2オブジェクトメタデータに設定するキーおよび値

※1 各項目の詳細については「APIリファレンス(Foundation Service編)」を参照してください。
 ※2 東日本リージョン3/西日本リージョン3では表示されません。
3. オブジェクト詳細画面の確認
コンテナ詳細画面のオブジェクト一覧からオブジェクト名をクリックすることにより、オブジェクトの詳細画面が表示されます。オブジェクトメタデータなどの詳細情報を参照できます。

image089
図 12-6 オブジェクト詳細画面

オブジェクト詳細画面に表示される項目を以下の表に示します。

表 12-4 オブジェクト詳細画面の表示項目

No. 項目名 説明
1 オブジェクト名 オブジェクトの名前
2 サイズ オブジェクトのサイズ
3 Content-Type オブジェクトのMIMEタイプ
4 更新日時(UTC) オブジェクトの作成日時/メタデータが変更された日時
5 ETag オブジェクトのMD5チェックサム値/
"マニフェストの各セグメントのETagとMD5チェックサム値を連結した文字列"(マニフェストオブジェクトの場合)
6 Content-Encoding
※1
Content-Encodingメタデータの設定値
7 Content-Disposition
※1
ブラウザの振る舞いの設定値
8 削除予定日時(UTC)
※1
オブジェクトが削除される予定日時
9 X-Object-Manifest
※1
動的ラージオブジェクトの設定(コンテナ名および分割オブジェクトのプレフィクス名)
10 X-Static-Large-Object
※1
オブジェクトが静的ラージオブジェクトのマニフェストオブジェクトの場合は、Trueが返却される
11 X-Trans-Id リクエストに付与されるID
12 実行日時(UTC) トランザクションの実行された日付と時間
13 URL ダウンロード対象オブジェクトのURL
14 オブジェクトメタデータキー
※1
オブジェクトメタデータに設定するキー
15 オブジェクトメタデータ値
※1
オブジェクトメタデータに設定する値
16 Connection
※2
持続接続の状態
17 X-Fcx-Endpoint-Request
※2
APIエンドポイントとしてリクエストを受け付けたことを示す番号
18 X-Timestamp(UTC)
※2
リクエストを処理した時刻

※1東日本リージョン3/西日本リージョン3では表示されません。
※2東日本リージョン3/西日本リージョン3のみ表示されます。

12.2.3 オブジェクトのダウンロード#

オブジェクトのダウンロードには、以下の二つの方法があります。

  • オブジェクト詳細画面の「ダウンロード」ボタンをクリックする方法
  • コンテナ詳細画面のオブジェクトのアクションメニューから選択する方法

image090
図 12-7 コンテナ詳細画面のオブジェクトのアクションメニュー

ご利用時の注意事項

  • IE 11において以下の設定が必要になります。
    [ツール]→[インターネットオプション(O)]→[セキュリティ]→[レベルのカスタマイズ(C)]→[ドメイン間でのデータソースのアクセス]→[有効にする]を選択

  • ファイルをアップロード/ダウンロードする場合は、データ転送の時間帯、データ容量および対象リージョンにもよりますが、1GB 90分程度かかる場合があります。
    (参考)IE 11の[F12開発者ツール(L)]→[ネットワーク」を参照することにより、ポータルから発行されているAPIの処理状態を確認できます。

12.2.4 オブジェクトのVMインポート#

コンテナ詳細画面のオブジェクトのアクションメニューから、仮想サーバイメージをIaaSサービス上にインポートするVMインポートを選択することができます。アクションメニュー「VMインポート」を選択すると、VMインポート画面に遷移します。VMインポートについては、31.2.1VMインポートを参照ください。

12.3 留意事項#

  • コンテナの削除機能は、コンテナ内のオブジェクト数が0の場合だけ、コンテナの一覧画面のアクションメニュー「削除」から実行できます。
  • アクセスポリシー(ACL)の設定に関しては、リファラの許可を設定すると、トークンの認証なしで読取りが可能となり、セキュリティのレベルが低下するため推奨しません。詳細は「APIリファレンス(Foundation Service編)」を参照してください。
  • 分割したオブジェクトを一つのオブジェクトとして登録したい場合は、ラージオブジェクトの設定を実施します。これにより、分割したオブジェクトが統合され、一つのオブジェクトとして一括ダウンロードやVMインポートが可能になります。
  • 東日本リージョン3/西日本リージョン3をご利用時、オブジェクト数および使用容量の反映に時間がかかる場合があります。