仮想サーバのKMSライセンス認証(Windowsだけ)

Windows Serverは、サーバ起動後に必要に応じてKMSライセンス認証設定とアクティベーションを実施してください。KMS ライセンス認証方法は、ヘルプデスクまでご連絡ください。

イメージ登録API操作で、KMSライセンス認証の自動設定を行うこともできます。自動設定している場合は、設定済みまたはアクティベーション済みとなっていることを、以下の手順で確認してください。

KMSライセンス認証状態確認操作

  1. Administrator権限でコマンドプロンプトを起動します。
  2. 以下のコマンドを実行します。

    cscript %WINDIR%\system32\slmgr.vbs /dlv
    表 1. KMSライセンス認証方法一覧
    認証方法 お客様操作内容
    手動 ヘルプデスクまでご連絡ください。
    自動

    イメージ登録API実行時に、リクエストパラメーター「kms」を設定。「kms」内の「activate」パラメーターの設定は以下のとおり ※1 (詳細はAPIリファレンスを参照)

    • True:認証情報の設定と同時にアクティベーションも実施 ※2

    ※1:オンプレミス環境でKMSライセンス認証が設定済みの状態で、イメージ登録API操作でKMSライセンス認証の自動設定を行った場合は、ライセンス情報は上書きされます。

    ※2:自動設定による認証失敗時は、ヘルプデスクから入手した設定方法にて手動で対応してください。