一括アップロード

イメージファイルを一括でアップロードします。

始める前に

注:
  • アップロード先のオブジェクトストレージが東日本リージョン3/西日本リージョン3以外の場合

    イメージファイルのサイズが5GB以上であれば、分割アップロードを使用してください。

手順

  1. トークンの取得

    利用者管理サービスのAPIを実行してトークンを取得します。

    認証トークンのスコープにドメインは指定できません。

  2. 変数の設定
    # OBJECTSTRAGE=<オブジェクトストレージのAPIエンドポイント>
    # TOKEN=<取得したトークン>
    # PROJECT_ID=<プロジェクトID>
    # FILE_PATH=<アップロードファイル名(相対パス)>
    # CONTAINER=<アップロード先のコンテナ名>
    # OBJECT=<アップロード先のファイル名>
  3. コンテナの作成
    • 東日本リージョン3/西日本リージョン3のオブジェクトストレージのコンテナを作成する場合

      # curl -i -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" ${OBJECTSTRAGE}/v2/AUTH_${PROJECT_ID}/${CONTAINER} -X PUT
    • 東日本リージョン3/西日本リージョン3以外のオブジェクトストレージのコンテナを作成する場合

      # curl -i -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" ${OBJECTSTRAGE}/v1/AUTH_${PROJECT_ID}/${CONTAINER} -X PUT
  4. オブジェクトのアップロード
    • 東日本リージョン3/西日本リージョン3のオブジェクトストレージにアップロードする場合

      # curl -i -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" ${OBJECTSTRAGE}/v2/AUTH_${PROJECT_ID}/${CONTAINER}/${OBJECT} -X PUT -T ${FILE_PATH}
    • 東日本リージョン3/西日本リージョン3以外のオブジェクトストレージにアップロードする場合

      # curl -i -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" ${OBJECTSTRAGE}/v1/AUTH_${PROJECT_ID}/${CONTAINER}/${OBJECT} -X PUT -T ${FILE_PATH}
  5. アップロード結果の確認
    • 東日本リージョン3/西日本リージョン3のオブジェクトストレージにアップロードした場合

      # curl -i -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" ${OBJECTSTRAGE}/v2/AUTH_${PROJECT_ID}/${CONTAINER}/${OBJECT} -I
    • 東日本リージョン3/西日本リージョン3以外のオブジェクトストレージにアップロードした場合

      # curl -i -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" ${OBJECTSTRAGE}/v1/AUTH_${PROJECT_ID}/${CONTAINER}/${OBJECT} -I

タスクの結果

レスポンスステータスが"200 OK"の場合、成功です。

次のタスク

イメージのインポート