スナップショット

対象リージョン:東日本第3

共有ストレージをスナップショットデータとして複製します。スナップショットデータをリカバリすることで、共有ストレージを復元できます。

スナップショットの取得

任意の時点で共有ストレージのスナップショットを取得できます。アプリケーションのアップデート前など、一時的にシステムの状態を保存する用途に向いています。

  • 取得したスナップショットデータは、取得元の共有ストレージに保存されます。

    共有ストレージの空き容量が足りない場合、スナップショットを取得できません。

  • 取得したスナップショットデータをバックアップストレージに転送(バックアップ)することもできます。

    事前にバックアップストレージの作成が必要です。

  • 取得したスナップショットデータを削除できます。

    注: 差分のベースラインとなるため、最新のバックアップ世代に紐付くスナップショットは削除できません。
  • ベアメタルサーバが稼働中または停止中のどちらの状態でもスナップショットを取得できます。

    重要: ベアメタルサーバが稼働中の状態で取得したスナップショットデータについては、動作を保証できません。確実に動作するスナップショットデータを取得するためには、ベアメタルサーバを停止状態にしてください。
ヒント:
  • 設定項目については、設定項目を参照してください。
  • 制限値については、制限値を参照してください。

スナップショットデータのリカバリ

利用中の共有ストレージに対して、スナップショットデータをリカバリできます。

ヒント: スナップショットを取得元とは異なる共有ストレージにリカバリする場合、事前にリカバリ先となる共有ストレージをマウントしてください。
重要: ベアメタルサーバが稼働中の状態でリカバリしたスナップショットデータについては、動作を保証できません。確実に動作するスナップショットデータをリカバリするためには、ベアメタルサーバを停止状態にしてください。
警告: リカバリ中にエラーが起きた場合、リカバリ先の共有ストレージのデータは復元できません。事前に共有ストレージのスナップショットを取得し、バックアップストレージに転送しておくことをお勧めします。

APIリファレンス

対象リージョン:東日本第3

API詳細(Disk)