エクスポートの実行

増設ストレージのイメージをエクスポートします。エクスポートを実行すると、エクスポートIDが発行されます。

始める前に

注:
  • エクスポートできるイメージはユーザーが登録したイメージだけです。
  • 1つのイメージを同一のオブジェクトストレージに複数は保存できません。
  • イメージ名と同じ名前のイメージファイル(分割されたイメージファイルを含む)が出力先のオブジェクトストレージに存在する場合、エクスポートできません。

手順

  1. トークンの取得

    利用者管理サービスのAPIを実行してトークンを取得します。

    認証トークンのスコープにドメインは指定できません。

  2. 変数の設定
    # OBJECTSTRAGE=<オブジェクトストレージのAPIエンドポイント>
    # IMPORT_EXPORT=<仮想サーバインポート/仮想サーバエクスポートのAPIエンドポイント>
    # TOKEN=<取得したトークン>
    # PROJECT_ID=<プロジェクトID>
    # CONTAINER=<エクスポート先のコンテナ名>
  3. コンテナの作成
    • 東日本リージョン3/西日本リージョン3のオブジェクトストレージのコンテナを作成する場合

      # curl -i -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" ${OBJECTSTORAGE}/v2/AUTH_${PROJECT_ID}/${CONTAINER} -X PUT
    • 東日本リージョン3/西日本リージョン3以外のオブジェクトストレージのコンテナを作成する場合

      # curl -i -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" ${OBJECTSTORAGE}/v1/AUTH_${PROJECT_ID}/${CONTAINER} -X PUT
  4. パラメータファイルの準備

    以下の内容をparam.jsonとして保存します。

    {
        "image_id": <作成したイメージのID>,
        "storage_container": <エクスポート先のオブジェクトストレージのURLのパス>
    }
    ヒント:

    <エクスポート先のオブジェクトストレージのURLのパス>は、以下の形式で指定します。

    • エクスポート先のオブジェクトストレージが東日本リージョン3/西日本リージョン3の場合

      "/v2/AUTH_<プロジェクトID>/<コンテナ名>"
    • エクスポート先のオブジェクトストレージが東日本リージョン3/西日本リージョン3以外の場合

      "/v1/AUTH_<プロジェクトID>/<コンテナ名>"
  5. 増設ストレージのイメージのエクスポート

    増設ストレージのイメージのエクスポートAPIを実行します。

    # curl -X POST -H "X-Auth-Token: ${TOKEN}" -H "Content-Type: application/json" ${IMPORT_EXPORT}/v1/expansionstorageimageexport -d @param.json

タスクの結果

エクスポートIDが発行されます。

{"export_id":"112615fa-e687-4b31-abb3-107f7a14e8a6"}

次のタスク

エクスポート状況の確認

エクスポート状況の一覧取得

エクスポートの中止