イメージファイルの転送

エクスポート処理が完了したイメージファイルは、オブジェクトストレージ上に保管されます。お客様環境で利用するためには、オブジェクトストレージからイメージファイルを取得して、移行先環境へ転送します。

このタスクについて

イメージファイルは、以下の条件でオブジェクトストレージに保管されています。

  • イメージファイル(オブジェクト)は、仮想サーバのシステムストレージからイメージを作成する際に指定した、"イメージ名"+".vmdk"という名称で保管されています。
  • イメージファイル(オブジェクト)が保管された同一コンテナに、".ovf"ファイルと".mf"ファイルも保管されています。
  • イメージファイル(オブジェクト)は、分割アップロードされています。
  • 分割されたファイルは、"コンテナ名"+"_segments"という名称の別コンテナに保管されています。

    注: これらの分割ファイルを誤って削除した場合、イメージファイル全体が利用できなくなります。

以下の手順に従って、エクスポートされたイメージファイルを取得します。

手順

  1. イメージファイルが保管されたオブジェクトストレージに、アクセス可能なユーザーで認証します。
  2. 以下のパラメーターを指定して、オブジェクトストレージからイメージファイルを取得します。
    • プロジェクトID
    • エクスポートされたイメージファイルが保管されているコンテナ名
    • エクスポートされたイメージファイル名
  3. 同様に".ovf"ファイル、".mf"ファイルも取得します。

タスクの結果

イメージファイル、".ovf"ファイル、".mf"ファイルが、すべて正常に取得できたことを確認します。この時、".ovf"ファイルは仮想サーバを最小設定で起動する設定になっています。そのため、お客様仮想環境へ転送する前に必要に応じて修正してください。

  • CPU数の設定(VirtualQuantityの値を変更する)

    <Item>
      <rasd:AllocationUnits>hertz * 10^6</rasd:AllocationUnits>
      <rasd:Description>Number of Virtual CPUs</rasd:Description>
      <rasd:ElementName>1 virtual CPU(s)</rasd:ElementName>
      <rasd:InstanceID>1</rasd:InstanceID>
      <rasd:ResourceType>3</rasd:ResourceType>
      <rasd:VirtualQuantity>1</rasd:VirtualQuantity>
    </Item>
  • メモリサイズの設定(VirtualQuantityの値を変更する)

    <Item>
      <rasd:AllocationUnits>byte * 2^20</rasd:AllocationUnits>
      <rasd:Description>Memory Size</rasd:Description>
      <rasd:ElementName>512MB of memory</rasd:ElementName>
      <rasd:InstanceID>2</rasd:InstanceID>
      <rasd:ResourceType>4</rasd:ResourceType>
      <rasd:VirtualQuantity>512</rasd:VirtualQuantity>
    </Item>
ヒント:
表 1. ".ovf"ファイルに設定されるOS種別一覧
OS種別 設定値
Windows 2008 R2 <OperatingSystemSection ovf:id="1" vmw:osType="windows7Server64Guest">
Windows 2012 R2 <OperatingSystemSection ovf:id="1" vmw:osType="windows8Server64Guest">
Windows 2016 <OperatingSystemSection ovf:id="1" vmw:osType="windows9Server64Guest">
Windows 以外 <OperatingSystemSection ovf:id="1" vmw:osType="otherGuest">

次のタスク

イメージファイルの取得と、".ovf"・".mf"ファイルの取得および編集が完了したら、お客様仮想環境へ転送します。

また、イメージ保管サービスに登録されたエクスポート元として作成したイメージ、エクスポート処理が完了したイメージファイルなどについては、使用量に応じた課金が継続されます。お客様環境での動作確認後、不要になる場合は忘れずに削除してください。