イメージの転送

移行元仮想環境から採取したイメージは、オブジェクトストレージサービスを経由して、IaaSイメージとして登録します。

始める前に

オブジェクトストレージサービスを使用するために、コンテナおよびオブジェクトを作成/削除できるユーザーが必要です。

このタスクについて

オブジェクトストレージサービス上にイメージ格納用のコンテナを作成し、採取したイメージファイルをアップロードします。

注: イメージファイルのサイズが5GB以内の場合は、一括アップロードが可能です。5GBを超える場合は、分割してアップロードする必要があります。
警告: オブジェクトストレージにアップロードした時点から、アップロードした容量分の利用料金が発生しますので、注意してください。