仮想サーバイメージの管理

対象リージョン:全リージョン

作成済みの仮想サーバから、仮想サーバイメージを作成、管理します。

イメージの作成

作成済みの仮想サーバから、仮想サーバイメージを作成します。

注:

イメージを作成する仮想サーバは、事前に停止してください。

また、イメージ作成が完了するまで、対象の仮想サーバは起動しないでください。イメージ作成中に対象の仮想サーバを起動すると、ボリューム内容が更新される可能性があります。

注: 増設ストレージに関してはアタッチまたはデタッチによる移設、またはスナップショットなどを使用して複製してください。
警告: スナップショット作成時とリストア時の間でディスク構成の変更の可能性がある場合、OS上のディスク設定(Linuxの場合、/etc/fstabファイルなど)からすべてのボリューム情報を削除した状態でスナップショットを作成してください。不要なボリューム情報が残っている場合、リストア後にOSの起動が失敗することがあります。
警告:

仮想サーバイメージを作成する前に、以下のネットワーク設定の削除手順に従ってネットワーク設定を削除してください。

該当のネットワーク設定が残ったままの状態で仮想サーバイメージを作成した場合、そのイメージから作成された仮想サーバとはネットワーク通信できなくなります。

対象OS
  • CentOS 6.x(xは数字)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.x(xは数字)
その他、以下をOSとする仮想サーバイメージを作成する場合は、該当するネットワーク設定が存在しないため対処不要です。
  • CentOS 7.x(xは数字)
  • CentOS 8.x(xは数字)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.x(xは数字)
  • Red Hat Enterprise Linux 8.x(xは数字)
  • Ubuntu
  • Red Hat OpenShift Container Platform 3.x(xは数字)
  • Red Hat OpenShift Container Platform 4.x(xは数字)

ネットワーク設定の削除手順

  1. write_net_rulesの無効化

    /lib/udev/rules.d/75-persistent-net-generator.rules

    上記ファイル内に記載されている以下の行を、コメントアウト(行頭に#を追加)します。

    DRIVERS=="?*", IMPORT{program}="write_net_rules"
  2. /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rulesの削除

    rm -f /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
警告: WindowsをOSとする仮想サーバイメージを作成する場合は、Windows OSのSysprep手順を実施してください。
表 1. イメージの作成に設定可能な項目一覧
項目 説明 必須
イメージ名 イメージを識別するための名称を指定する  
ディスクフォーマット
  • 東日本リージョン3/西日本リージョン3の場合

    「qcow2」(推奨)または「raw」(デフォルト)を指定する

    ヒント: 「qcow2」では、実使用量分のサイズでイメージが作成されるため、格納先の容量やデータ転送時間を削減できます。
    注: 仮想サーバエクスポート機能を使用する場合は「raw」を指定してください。
  • 東日本リージョン3/西日本リージョン3以外の場合

    「raw」を指定する

 
コンテナフォーマット 「bare」を指定する  
強制オプション 「true」を指定する  

イメージメタ情報の取得/更新

作成した仮想サーバイメージに付与するメタ情報を、確認および編集します。

表 2. イメージメタ情報変更 設定可能項目一覧
項目 説明 必須
イメージ名 イメージを識別するための名称を指定する  
メタ情報 イメージに設定するメタ情報をKey-Value形式で指定する  

イメージの削除

登録されているイメージを削除します。