クローニング(サーバの複製)[東日本/西日本リージョン3向け]#

要求事項#

  • FJcloud-Oに配備した仮想サーバを、サーバ構築の効率化のために複製したい

対応するデザインパターン概要#

FJcloud-Oでは、配備済の仮想サーバからサーバ複製用の仮想サーバイメージを作成したり、仮想サーバイメージを管理することが可能です。
以下のOSを搭載する仮想サーバより、サーバ複製用のイメージを作成できます。

  • CentOS
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Windows

構造 (イメージ図)#

image

実装サンプル#

1. 事前作業#

クローニングの元となる仮想サーバは、この後実装サンプル手順2.の作業を行なうとサーバの設定が変わってしまいます。
そのため、業務で利用している仮想サーバ(イメージ開発用仮想サーバと定義)をクローニングする場合は、以下のようにイメージ採取用の仮想サーバを別途作成し、その仮想サーバに対して操作をすることを推奨します。

事前準備 内容
イメージ開発用仮想サーバのスナップショット取得 イメージ開発用仮想サーバを停止後、スナップショットを取得してください。
イメージ採取用仮想サーバ作成 スナップショットからイメージ採取用の仮想サーバを作成してください。

2. イメージ採取用の仮想サーバの設定#

イメージ採取用の仮想サーバに対して、仮想サーバのOSに応じて以下(1)または(2)の作業を実施してください。

(1) OS種別がLinuxのシステムストレージの場合#

スナップショットを採取する仮想サーバのOSが以下に該当する場合のみ、以下の(A)および(B)の手順を実施してください。
下記以外のOSは、該当するネットワーク設定が存在しないため対処不要です。

  • CentOS 6.x(xは数字)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.x(xは数字)
(A) write_net_rules の無効化#

以下のファイルを開いてください。

/lib/udev/rules.d/75-persistent-net-generator.rules
上記ファイル内に記載されている以下の行を、コメントアウト(行頭に#を追加)してください。
DRIVERS=="?*", IMPORT{program}="write_net_rules"

(B) /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rulesの削除#

以下のファイルを削除してください。

rm -f /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

(2) OS種別がWindowsのシステムストレージの場合#

Windows OSのSysprep手順を実施してください。
Sysprepの詳細は機能説明書をご参照ください。

通常、Windows OSにてSysprepを実施すると、仮想サーバは「停止」状態(SHUTOFF)となります。

3. イメージの作成(IaaSポータル)#

  1. IaaSポータルにログインします。
  2. メニューから「コンピュート」⇒「仮想サーバ」を選択します。
  3. イメージ作成対象の仮想サーバの「アクション」メニューから「イメージ作成」をクリックします。
       ※仮想サーバが停止状態でない場合は「アクション」に表示されません。
       ※停止してない場合は、同「アクション」メニューから「停止」クリックする等して停止してください。
  4. 「仮想サーバイメージ作成」画面にて「イメージ名」「対象ボリューム」を入力し、「作成」ボタンをクリックします。
  5. メニューから「コンピュート」⇒「イメージ」を選択します。
  6. 作成した仮想サーバイメージの状態に「active」が表示されたら、イメージ作成完了です。

4. イメージから仮想サーバを作成(IaaSポータル)#

作成したイメージから、仮想サーバを作成します。
実装手順は インターネット接続パターンの仮想サーバ作成例 を参照してください。

メリット・効果#

本パターンを利用して、仮想サーバのイメージを作成した場合のメリット・効果は以下の通りです。

  • 同じ構成のマシンを効率的に複製可能

注意事項#

  • 本パターンは2018年8月時点のFJcloud-O 東日本/西日本リージョン3にて動作検証しています。
  • 仮想サーバイメージを作成する際は、配備されている仮想サーバをあらかじめ停止してください。