Arcserve UDPによるオブジェクトストレージへのデータバックアップ [東日本/西日本リージョン3向け]#

要求事項#

  • 仮想サーバのデータ喪失を避けるため、安価なオブジェクトストレージにバックアップしたい
  • 仮想サーバの使用不能時には、データをリストアし業務を継続したい

対応するデザインパターン概要#

本構成では、Windows仮想サーバの増設ディスクに格納された業務データを、バックアップ・ダウンロード・リストアします。

  • バックアップデータの取得

    • Arcserve Unified Data Protection(以下Arcserve UDPと表記)を使用してバックアップ対象サーバの復旧ポイント(=バックアップデータ)を日次で取得し、同一ネットワーク上の復旧ポイントサーバに格納します。
    • さらに復旧ポイントサーバに格納した復旧ポイントを、日次でオブジェクトストレージ[S3互換]にコピーします。
  • バックアップデータのダウンロード

    • 復旧ポイントサーバのArcserve UDPコンソールを操作することで、オブジェクトストレージ[S3互換]に格納されている復旧ポイントのコピーを、代替サーバにダウンロードします。
  • データのリストア

    • 代替サーバにダウンロードした復旧ポイントのコピーをArcserve UDPエージェントでリストアします。

構造(イメージ図)#

image

実装サンプル#

1. 内部ネットワークの作成#

以下の設定値例に従い、内部ネットワークを作成します。  

仮想ネットワーク名 サブネット名 サブネット ゲートウェイIP
nwA subnetA 192.168.1.0/24 192.168.1.1

以下の設定値例に従い、仮想ルータを作成します。作成した仮想ルータに内部ネットワークのサブネットを接続します。

仮想ルータ名 外部ネットワーク サブネット接続 IPアドレス 用途
routerA 接続(fip-net) subnetA 192.168.1.1 外部接続・SSL-VPN接続用

2. セキュリティグループの作成#

以下のセキュリティグループ・セキュリティグループルールを作成します。
実際の運用においては、 セキュリティグループ活用 を参考に、適切なセキュリティグループを設定してください。

  • セキュリティグループ
  • セキュリティグループルール
    • 送信:「TCP」「UDP」「ICMP」を全て許可
    • 受信:「SSL-VPNクライアントプール」からの「RDP (3389/tcp)」を許可
    • 設定手順は初期構築ガイド セキュリティグループルールの作成 を参照
    • 以下の設定値例を参照
No. ルール 方向 オープンポート ポート 接続先 CIDR
1 ALL TCP(1-65535) 送信 CIDR 0.0.0.0/0
2 ALL UDP(1-65535) 送信 CIDR 0.0.0.0/0
3 ALL ICMP 送信 CIDR 0.0.0.0/0
4 カスタムTCPルール 受信 ポート番号 3389 CIDR 192.168.246.0/24

3. SSL-VPNの作成#

仮想サーバへのセキュアな接続を実現するため、SSL-VPNを作成します。

4. 仮想サーバの作成#

以下の設定値例に従い、「バックアップ対象サーバ」、「復旧ポイントサーバ」、「代替サーバ」を作成します。

  • サーバグループは「設定なし」、デバイスサイズは最小ディスク容量を設定
  • キーペアは任意のキーペアを選択
  • 作成手順は初期構築ガイド 仮想サーバの作成 を参照
仮想サーバ 仮想サーバ名 仮想サーバタイプ OSイメージ 選択済み仮想ネットワーク セキュリティグループ
バックアップ対象サーバ BizVM C3-2 Windows Server 2019 nwA SG-A
復旧ポイントサーバ RPVM C3-2 Windows Server 2019 nwA SG-A
代替サーバ BizVM-sub C3-2 Windows Server 2019 nwA SG-A

5. 増設ストレージの作成#

各サーバで使用する増設ストレージを作成します。

  • 以下の設定値例に従い増設ストレージを作成し、指定のサーバに接続
ボリューム名 容量 ストレージソース 種別 接続先
BizVM_External 100GB 指定なし M2 BizVM
RPVM_External 100GB 指定なし M2 RPVM
BizVM-sub_External 100GB 指定なし M2 BizVM-sub
  • 各サーバにログインし、作成した増設ストレージの初期化を実施
    • Windowsの「ハードディスクパーティションの作成とフォーマット」よりディスクをフォーマットしボリュームを作成
    • パーティションスタイルはMBR(マスターブートレコード)を指定
    • ドライブレターはDを指定
    • フォーマット時のファイルシステムはNTFSを指定

6. 共有フォルダの作成#

オブジェクトストレージ[S3互換]にコピーされる復旧ポイントのコピーは、代替サーバ上のArcserve UDPエージェントから直接参照しリストアすることができません。復旧ポイントのコピーを代替サーバにダウンロードした上で、Arcserve UDPエージェントを使用したリストア操作を行う必要があります。
オブジェクトストレージ[S3互換]から、復旧ポイントのコピーをArcserve UDP復旧ポイントサーバを経由して代替サーバに保存できるよう、代替サーバ上に以下の共有フォルダを作成します。

  • 共有フォルダの作成
    • 復旧ポイントのコピーのダウンロード先となるフォルダを、代替サーバの任意の場所に作成
    • 作成したフォルダは、ArcserveUDP復旧ポイントサーバからデータの「読み込み・書き込み」可能な共有フォルダとして設定

Note

復旧ポイントのコピーのデータ容量が大きい場合は、共有フォルダ作成用として一時的に増設ストレージを作成し、ファイルのリストア完了後に増設ストレージを削除する手順をご検討ください。

7. オブジェクトストレージ[S3互換]の設定#

APIを使用し、復旧ポイントのコピーを格納するFJcloud-O オブジェクトストレージ[S3互換]の設定を行います。
本設定はIaaSの契約者および全体管理者の権限が必要です。

(1) テナントの作成#

以下のテナントを作成します。

  • 設定項目(REST API)
リクエストパラメータ名 変数例 設定値例 内容
"name" $OBJ_TENANT_NAME "TEST_TENANT" 任意のテナント名を指定
"quotaObjectGigaBytes" $OBJ_QUOTA_GB "200" このテナント内に格納できる最大byte数をGB単位で指定
今回は200GBを指定
  • 実行API
curl https://objectstorage-s.jp-west-3.cloud.global.fujitsu.com/v2/admin/accounts -X POST -H "X-Auth-Token:'$OS_AUTH_TOKEN'" -d '{ "name":"'$OBJ_TENANT_NAME'", "quotaObjectGigaBytes":"'$OBJ_QUOTA_GB'" }'
  • 出力例
    • "code":201"status":"success"となっていることを確認します。
    • "id"に続くテナントIDを控えておきます。
      {"code":201,"responseTime":"2021-01-20T10:52:06.374Z","status":"success","apiVersion":"2.5","data":{"id":"77919717892703246785","name":"TEST_TENANT","quotaObjectBytes":214748364800}}
      

(2) グループの作成#

以下のグループを作成します。

  • 設定項目(REST API)
リクエストパラメータ名 変数例 設定値例 内容
- $OBJ_TENANT_ID (テナントID) 上記で取得したテナントIDを指定
"uniqueName" $OBJ_GROUP_NAME "TEST_GROUP" 任意のグループ名を指定
  • 実行API

    curl https://objectstorage-s.jp-west-3.cloud.global.fujitsu.com/v2/admin/$OBJ_TENANT_ID/groups -X POST -H "X-Auth-Token:'$OS_AUTH_TOKEN'" -d '{ "uniqueName": "'$OBJ_GROUP_NAME'", "Statement": [ { "Sid": "Test group policy", "Action": "s3:*", "Effect": "Allow", "Resource": "urn:sgws:s3:::*" } ]} '
    

  • 出力例

    • "code":201"status":"success"となっていることを確認します。
    • "id"に続くグループIDを控えておきます。
      {"code":201,"responseTime":"2021-01-20T10:53:40.582Z","status":"success","apiVersion":"2.5","data":{"id":"f84b146f-4c1d-48e0-81e3-b321579b5197","accountId":"77919717892703246785","displayName":"TEST_GROUP","uniqueName":"group/TEST_GROUP","groupURN":"urn:sgws:identity::77919717892703246785:group/TEST_GROUP","Statement":[{"Sid":"Test group policy","Action":"s3:*","Effect":"Allow","Resource":"urn:sgws:s3:::*"}]}}
      

(3) ユーザの作成#

以下のユーザを作成します。

  • 設定項目(REST API)
リクエストパラメータ名 変数例 設定値例 内容
- $OBJ_TENANT_ID (テナントID) 上記で取得したテナントIDを指定
"uniqueName" $OBJ_USER_NAME "TEST_USER" 任意のユーザ名を指定
  • 実行API

    curl https://objectstorage-s.jp-west-3.cloud.global.fujitsu.com/v2/admin/$OBJ_TENANT_ID/users -X POST -H "X-Auth-Token:'$OS_AUTH_TOKEN'" -d '{ "uniqueName":"'$OBJ_USER_NAME'"}'
    

  • 出力例

    • "code":201"status":"success"となっていることを確認します。
    • "id"に続くユーザIDを控えておきます。
      {"code":201,"responseTime":"2021-01-20T10:55:27.772Z","status":"success","apiVersion":"2.5","data":{"id":"9febcc5b-17d3-4502-b99c-aa5e9a69b4e9","accountId":"77919717892703246785","fullName":"TEST_USER","uniqueName":"user/TEST_USER","userURN":"urn:sgws:identity::77919717892703246785:user/TEST_USER","memberOf":null}}
      

(4) ユーザのグループへの追加#

作成したユーザをグループに追加します。

  • 設定項目(REST API)
リクエストパラメータ名 変数例 設定値例 内容
- $OBJ_TENANT_ID (テナントID) 上記で取得したテナントIDを指定
- $OBJ_USER_ID (ユーザID) 上記で取得したユーザIDを指定
"fullName" $OBJ_USER_NAME "TEST_USER" グループに追加する作成済みのユーザ名を指定
"memberOf" $OBJ_GROUP_ID (グループID) 上記で取得したグループIDを指定
  • 実行API

    curl https://objectstorage-s.jp-west-3.cloud.global.fujitsu.com/v2/admin/$OBJ_TENANT_ID/users/$OBJ_USER_ID -X PATCH -H "X-Auth-Token:'$OS_AUTH_TOKEN'" -d '{"fullName": "'$OBJ_USER_NAME'", "memberOf": [ "'$OBJ_GROUP_ID'" ] }'
    

  • 出力例

    • "status":"success"となっていることを確認します。
      {"responseTime":"2021-01-20T10:57:49.592Z","status":"success","apiVersion":"2.5","data":{"id":"9febcc5b-17d3-4502-b99c-aa5e9a69b4e9","accountId":"77919717892703246785","fullName":"TEST_USER","uniqueName":"user/TEST_USER","userURN":"urn:sgws:identity::77919717892703246785:user/TEST_USER","memberOf":["f84b146f-4c1d-48e0-81e3-b321579b5197"]}}
      

(5) アクセスキー・シークレットキーの払い出し#

オブジェクトストレージに対するアクセスキー・シークレットアクセスキーを作成します。

  • 設定項目(REST API)
変数例 設定値例 内容
$OBJ_TENANT_ID (テナントID) 上記で取得したテナントIDを指定
$OBJ_USER_ID (ユーザID) 上記で取得したユーザIDを指定
  • 実行API

    curl https://objectstorage-s.jp-west-3.cloud.global.fujitsu.com/v2/admin/$OBJ_TENANT_ID/users/$OBJ_USER_ID/s3-access-keys -X POST -H "X-Auth-Token:'$OS_AUTH_TOKEN'" -d '{ "expires": null }'
    

  • 出力例

    • "code":201"status":"success"となっていることを確認します。
    • "accessKey"に続くアクセスキー、"secretAccessKey"に続くシークレットアクセスキーを控えておきます。
      {"code":201,"responseTime":"2021-01-20T10:58:31.721Z","status":"success","apiVersion":"2.5","deprecated":true,"data":{"id":"SGKHOKEQ3yWzB1T_Z5oRSOyJOEEplIP1O4HlPliPsA==","accessKey":"8328IY6FUQCY5VB0KV79","secretAccessKey":"xhqJRK+1vRqoNp4rVFPDfxnKt2oNdEWdoHMutzaY","displayName":"****************KV79","accountId":"77919717892703246785","userURN":"urn:sgws:identity::77919717892703246785:user/TEST_USER","userUUID":"9febcc5b-17d3-4502-b99c-aa5e9a69b4e9","expires":null}}
      

8. Arcserve UDP 7.0の設定#

(1) Arcserve UDPのダウンロード・インストール#

Arcserve UDPのインストールモジュールには以下の2つが存在します。

  • Arcserve UDP - フル

    • Arcserve UDPコンソール、復旧ポイントサーバ、エージェントを内包
    • 復旧ポイントサーバにインストール
  • Arcserve UDP - エージェント

    • Arcserve UDPエージェントのみを内包
    • 代替サーバにインストール

Note

バックアップ対象サーバへのArcserveUDPエージェントのインストールは不要です。後にArcserve UDPコンソール画面の操作を行いバックアップ対象サーバをノードとしたバックアッププランを作成することで、バックアップ対象サーバにArcserveUDPエージェントが自動でインストールされます。

(A) Arcserve UDPのインストール#

Arcserve UDP最新版を以下のArcserve社のサイトより入手し、復旧ポイントサーバにインストールします。
本構成では2021年1月時点での最新版であるArcserve UDP 7.0を使用しています。
Arcserve UDP 7.0 ダウンロード リンク

インストールの詳細手順は以下のArcserve UDP公式ドキュメントを参照ください。
Arcserve UDP をインストールする方法

(B) Arcserve UDPエージェントのインストール#

ファイルのリストアに使用するため、Arcserve UDPエージェント最新版をArcserve社のサイトより入手し、代替サーバにインストールします。
本構成では2021年1月時点での最新版であるArcserve UDP 7.0エージェント(Windows版)を使用しています。
Arcserve UDP 7.0 ダウンロード リンク

インストールの詳細手順は以下のArcserve UDP公式ドキュメントを参照ください。
Arcserve UDP エージェント(Windows) のインストール/アンインストール

(2) クラウドアカウントの追加#

復旧ポイントサーバにリモートデスクトップ接続し、Arcserve UDPコンソールにサーバの管理者権限を保持するユーザでログインします。以下の手順により、復旧ポイントのコピーのアップロード先としてFJcloud-O オブジェクトストレージ[S3互換]のバケットを作成します。

  • Arcserve UDPコンソールより 「リソース」を選択し、「クラウド アカウント」→「クラウド アカウントの追加」を選択 image

  • 「クラウド アカウントの追加」画面上で、以下の設定値を入力し「OK」を押下

項目 設定値例 説明
表示名 Arc-FJcloud-O-west3-OBJstorage ArcserveUDP上で表示されるクラウドアカウントの任意の表示名を指定
クラウドサービス Amazon S3互換 FJcloud-Oで利用可能なオブジェクトストレージのタイプとしてAmazon S3互換を設定
クラウドのエンドポイント https://objectstorage-s.jp-west-3.cloud.global.fujitsu.com 利用中のオブジェクトストレージ[S3互換]のエンドポイントを入力
本構成では西日本リージョン3を使用
アクセスキーID (アクセスID) 上記で取得したオブジェクトストレージ[S3互換]のアクセスキーIDを指定
シークレット アクセスキー (シークレット アクセスキー) 上記で取得したオブジェクトストレージ[S3互換]のシークレット アクセスキーを指定
バケット名 BackupTest オブジェクトストレージ[S3互換]上に自動作成される任意のバケット名を指定

image

  • 接続テストの後、UDPコンソール上にオブジェクトストレージ情報が表示されることを確認 image

(3) バックアッププランの作成#

Arcserve UDPコンソールより「リソース」を選択し、「すべてのプラン」→「プランの追加」よりを押下し、以下の設定例に示した「バックアップ対象サーバ向けバックアッププラン」を追加します。
追加する「バックアップ対象サーバ向けバックアッププラン」には、以下タスク1の「(復旧ポイントサーバへの)復旧ポイントの取得タスク」とタスク2の「(オブジェクトストレージへの)復旧ポイントのコピータスク」を設定します。
なお、復旧ポイントの取得は初回のみフルバックアップが行われ、それ以降は日次で増分バックアップが取得されます。

image

詳細手順は以下のArcserve UDP公式ドキュメントを参照ください。
Windows バックアップ プランを作成する方法

  • バックアップ対象サーバ向けバックアッププラン
    • タスク1の設定:復旧ポイントサーバへの復旧ポイントの取得タスク
項目 設定値例 説明
タスクの種類 バックアップ:エージェントベースWindows WindowsのArcserveUDPエージェントによりバックアップを取得するよう設定
バックアップのソース ノード「192.168.1.11」 バックアップ対象サーバのIPアドレスを指定し、ノードとして追加
バックアップソースの保護タイプ 「選択したボリュームのバックアップ」をチェック
Dドライブを指定 
バックアップ対象サーバのバックアップ取得ドライブを選択
FJcloud-Oの仕様上Cドライブの指定は不可
バックアップデスティネーションの種類 ArcserveUDP復旧ポイントサーバ バックアップの保存先としてArcserveUDP復旧ポイントサーバを設定
バックアップのデスティネーション データストア「TestDS」 復旧ポイントサーバのDドライブ上にデータストアを作成し、バックアップを保存
日次増分バックアップの取得スケジュール 毎日22:00 日時増分バックアップの実行時刻を設定
最初のバックアップ(フルバックアップ) 2021/1/19 17:00 初回のフルバックアップの実行時刻を設定
  • バックアップ対象サーバ向けバックアッププラン
    • タスク2の設定:オブジェクトストレージへの復旧ポイントのコピータスク
項目 設定値例 説明
タスクの種類 復旧ポイントのコピー 復旧ポイント(=バックアップ)をコピーするタスクを設定
復旧ポイントのコピーのソース 日次増分バックアップ 日次増分バックアップをコピーソースとして設定
デスティネーションの種類 クラウドストレージ 復旧ポイントのコピー先としてクラウドストレージを設定
クラウドサービス Amazon S3互換 クラウドサービスの種類を設定
クラウドストレージ Arc-FJcloud-O-west3-OBJstorage 上記の「クラウド アカウントの追加」画面上で「表示名」として入力したクラウドストレージを選択
バックアップスケジュール 毎日8:00 復旧ポイントのコピーの実行時刻を設定

上記のバックアッププランの作成完了後、バックアップ対象サーバにArcserveUDPエージェントのインストールが自動で行われます。
その後、指定した時間に、日次増分バックアップの取得(最初のバックアップ時刻には復旧ポイントの取得)・復旧ポイントのコピーが行われます。

9. 業務データのリストア#

オブジェクトストレージに格納されたの復旧ポイントのコピーを使用して、代替サーバの増設ストレージにデータをリストアします。
復旧ポイントのコピーを代替サーバ上の共有フォルダにダウンロードした上で、ArcserveUDPエージェントを使用して増設ストレージにリストアします。

詳細手順は以下のArcserve UDP公式ドキュメントを参照ください。
リストアする復旧ポイントとコンテンツの指定

  • 復旧ポイントのコピーのダウンロード
    • 復旧ポイントサーバのUDPコンソールより、対象ノードとしてバックアップ対象サーバを右クリックし「復旧ポイントをローカルディスクまたはネットワーク共有にコピー」を選択
    • 代替サーバの共有フォルダのパスを指定してダウンロードを実行
  • 復旧ポイントのコピーのリストア
    • 代替サーバにリモートデスクトップ接続し、サーバの管理者権限を保持するユーザでArcserve UDPエージェントにログイン
    • 「リストア」→「復旧ポイントの参照」を選択し、共有フォルダ内の復旧ポイントのコピー指定、バックアップファイルをDドライブにリストア

注意事項#

  • 本パターンは2021年1月時点のFJcloud-O 東日本/西日本リージョン3にて動作検証しています。
  • バックアップ対象サーバのOSはWindowsが対象です。Linuxサーバではバックアップを取得することができません。
  • FJcloud-Oの仕様上、Arcserve UDPを使用してシステム領域を含んだデータのバックアップ・リストアは行うことができません。
    (WindowsのCドライブ等のシステムストレージをバックアップ対象とすることはできません。)