仮想サーバー構築#

1. 仮想サーバーRHELの場合#

キーペアを作成#

仮想サーバー(RHEL)ログイン時に使用するキーペア(*.pem)を作成します。キーペアは、SSHログインの認証時に使用します。

1 . IaaSポータルのサイドバーから [ コンピュート ] > [ キーペア ] をクリックし、画面右上の [ + ] をクリックします。

2 . 以下の項目を入力し、 [ 次へ ] をクリックします。

項目 設定値 例 説明
キーペア名 test-keypair 任意のキーペア名を入力

3 . 入力値を確認して、[ 作成 ] をクリックします。

4 . 受付画面が表示されたら、 [ OK ] をクリックします。

5 . ダウンロードされたキーペアを任意の場所に保存します。

仮想サーバーを作成#

仮想サーバー(RHEL)を作成し、仮想ネットワークに配備します。

1 . IaaSポータルのサイドバーから [ コンピュート ] > [ 仮想サーバー ] をクリックし、画面右上の [ + ] をクリックします。

2 . 以下の項目を入力し、 [ 次へ ] をクリックします。料金の確認画面が表示された場合は、 [ OK ] をクリックします。

項目 設定値 例 説明
サーバーグループ 設定なし Anti-AffinityやAffinity設定が必要な際は、サーバーグループを事前に作成の上、選択
仮想サーバー名 RHEL 任意の仮想サーバー名を入力
仮想サーバータイプ C3-1 任意の仮想サーバータイプを選択
※使用できない仮想サーバータイプがあります。
詳細は使用できない、仮想サーバータイプとOSの組み合わせを参照してください。
仮想サーバーの
ブートソース
イメージ 任意のブートソースを選択
イメージ [Hourly] Red Hat Enterprise Linux 8.8 64bit (English) 01 任意のイメージを選択
ここでは従量料金のRHELイメージを使用
デバイスサイズ 40 任意のデバイスサイズを入力

3 . [ 利用可能な仮想ネットワーク ] から接続する仮想ネットワークを選んで [ 選択 ] をクリックし、[ 次へ ] をクリックします。

項目 設定値 例 説明
利用可能な仮想ネットワーク ssl-vpn-network 作成した仮想ネットワークを選択

4 . 以下の項目を入力し、 [ 次へ ] をクリックします。

項目 設定値 例 説明
セキュリティグループ ssl-vpn-SG 作成したセキュリティグループを選択
キーペア test-keypair 作成したキーペアを選択

5 . オプションは設定せず、 [ 次へ ] をクリックします。

6 . 入力値を確認して、[ 作成 ] をクリックします。

7 . 受付画面が表示されたら、 [ 閉じる ] をクリックします。

8 . 仮想サーバー一覧画面で、作成した仮想サーバーが [ BUILD ] 状態になっていることを確認します。状態を最新にするため、左メニューの [ 仮想サーバー ] をクリック、または画面右上のボタンをクリックします。[ ACTIVE ] になったら、仮想サーバーへアクセスできます。

9 . 作成した仮想サーバーのIPアドレスを控えてください。仮想サーバー接続時に使用します。


2. 仮想サーバー Windowsの場合#

仮想サーバーを作成#

仮想サーバー(Windows)を作成し、仮想ネットワークに配備します。

1 . IaaSポータルのサイドバーから [ コンピュート ] > [ 仮想サーバー ] をクリックし、画面右上の [ + ] をクリックします。

2 . 以下の項目を入力し、 [ 次へ ] をクリックします。料金の確認画面が表示された場合は、 [ OK ] をクリックします。

項目 設定値 例 説明
サーバーグループ 設定なし Anti-AffinityやAffinity設定が必要な際は、サーバーグループを事前に作成の上、選択
仮想サーバー名 Windows 任意の仮想サーバー名を入力
仮想サーバータイプ M3-1 任意の仮想サーバータイプを選択
※使用できない仮想サーバータイプがあります。
詳細は使用できない、仮想サーバータイプとOSの組み合わせを参照してください。
仮想サーバーの
ブートソース
イメージ 任意のブートソースを選択
イメージ Public
[Hourly] Windows Server 2019 SE 64bit
任意のイメージを選択
ここでは従量料金のWindowsイメージを使用
デバイスサイズ 80 任意のデバイスサイズを入力

3 . [ 利用可能な仮想ネットワーク ] から接続する仮想ネットワークを選んで [ 選択 ] をクリックし、[ 次へ ] をクリックします。

項目 設定値 例 説明
利用可能な仮想ネットワーク ssl-vpn-network 作成した仮想ネットワークを選択

4 . 以下の項目を入力し、 [ 次へ ] をクリックします。

項目 設定値 例 説明
セキュリティグループ ssl-vpn-SG 作成したセキュリティグループを選択
パスワード生成 手動 パスワード方式を利用するする場合、手動を選択 
パスワード 例)1qaz2wsx3edc4rfV! パスワード要件に従いパスワードを入力
パスワード(確認用) 例)1qaz2wsx3edc4rfV! 確認のため再度パスワードを入力

5 . オプションは設定せず、 [ 次へ ] をクリックします。

6 . 入力値を確認して、[ 作成 ] をクリックします。

7 . 受付画面が表示されたら、 [ 閉じる ] をクリックします。

8 . 仮想サーバー一覧画面で、作成した仮想サーバーが [ BUILD ] 状態になっていることを確認します。状態を最新にするため、左メニューの [ 仮想サーバー ] をクリック、または画面右上のボタンをクリックします。[ ACTIVE ] になったら、仮想サーバーへアクセスできます。

9 . 作成した仮想サーバーのIPアドレスを控えてください。仮想サーバー接続時に使用します。

リモートコンソールによるOS接続#

仮想サーバー作成時に指定したメタデータまたはパスワードを利用して、リモートコンソールからOSに接続する手順を説明します。

1 . 対象仮想サーバー(Windows)のアクションから、 [ リモートコンソール ] を選択します。

2 . 新たにブラウザーが開き、WindowsOSの画面が表示されますので、右上の [ Send CtrlAltDel ] をクリックします。

3 . ログイン画面が表示されますので、仮想サーバー作成時に入力したパスワード(例:1qaz2wsx3edc4rfV!)を入力してください。

4 . パスワードが正しく入力されると、初回ログイン後に以下の画面が表示されます。必ず [ はい ] を選択してください。 [ いいえ ] を選択した場合、リモートデスクトップに接続できなくなることがあります。

5 . コマンドプロンプト画面からipconfig /allコマンドを入力し、対象WindowsサーバーのIPアドレスを確認します。