部門別プロジェクトパターン#

要求事項#

  • システム毎に、リソースの配備や削除を行える利用者を制限したい
  • 課金など契約は1つの組織でまとめるが、システム運用は部門毎に行いたい

対応するデザインパターン概要#

「ユーザー」「グループ」「仮想リソース」を、「プロジェクト」という単位で分割して管理します。
本パターンでは、「部門毎」にプロジェクトを分割する活用例を記載します。

プロジェクト作成手順の概要は、以下のとおりです。

  • 「全体管理者:権限を持ったユーザー」は、部門毎に異なる複数の「プロジェクト」を作成します。
  • 「全体管理者」は「一般ユーザー」に対して、所属部門プロジェクトへの「ロール(アクセス権限)」を設定します。
  • 人数が多い場合は、複数のユーザーを1つにまとめる「グループ」を使います。
    「グループ」に対しても、「ロール」を設定することができます。

構造 (イメージ図)#

image

実装サンプル#

入力値の命名規約については、「IaaS機能説明書」 → 「制限値」をご覧ください。

1. ユーザーの作成#

  • 「契約者」あるいは「管理者」のユーザーで、「FUJITSU Cloud Serviceポータル」にログインします。
  • 「FUJITSU Cloud Serviceポータル」画面で、上段の「管理」→「利用者管理」をクリックします。
  • 「利用者情報検索」画面で、「利用者情報登録」ボタンをクリックします。
  • 「利用者情報登録」画面で、以下の項目を入力し、「登録」ボタンをクリックします。
項目 必須 設定値例 内容
ユーザー名 必須 "xxx" ログイン時に使用する「ユーザー名」を入力します。
パスワード 必須 ログイン時に使用する「パスワード」を入力します。
パスワード
(確認)
必須
言語 必須 日本語/英語 「FUJITSU Cloud Serviceポータル」から送信されるメールの言語を選択します。
氏名(姓・名) 必須 利用者の氏名(姓・名)を入力します。
フリガナ(姓・名) 必須 利用者の氏名のフリガナ(姓・名)を入力します。
「言語」で「日本語」以外が選択されている場合には、表示されません。
メールアドレス 必須 "xxx@xx.xx.xx" メール送信先となるE-mailアドレスを指定してください。
ユーザー説明 任意 適宜入力してください。
ロール 必須 "管理者" 「FUJITSU Cloud Serviceポータル」を操作する上での「ロール」を選択してください。
"開発者"

2. プロジェクトの作成#

  • 「契約者」あるいは「管理者」のユーザーで、「FUJITSU Cloud Serviceポータル」にログインします。

(1)プロジェクト情報の入力#

  • 「FUJITSU Cloud Serviceポータル」画面で、上段の「管理」→「IaaS管理」をクリックします。
  • 「プロジェクト一覧」画面で、プロジェクトを作成する「リージョン」(jp-east-1等)を選択します。
  • 「プロジェクト一覧」画面で、「新規作成」ボタンをクリックします。
  • 「プロジェクトの作成」画面の「プロジェクト」入力欄で、以下の項目を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
項目 必須 設定値例 内容
プロジェクト名 必須 "xxxxx" プロジェクトを特定する名称を入力してください。
プロジェクト名はドメイン内で一意である必要があります。
説明 任意 適宜入力してください。

(2)プロジェクトメンバー情報の入力#

  • 「プロジェクトの作成」画面の「プロジェクトメンバー」入力欄で、「ユーザー追加」ボタンをクリックします。
  • ユーザーの一覧から「ユーザー名」を選択し、「追加」をクリックします。
  • 追加したユーザーの行にある「操作」→「ユーザーロール割当変更」をクリックします。
  • ユーザーの「ロール」を選択します。(複数選択可能)
    ロールの選択が完了したら、「設定」をクリックします。
  • 全てのユーザーのロール設定が完了したら、「次へ」ボタンをクリックします。

(3)プロジェクトの作成#

  • 画面内容を確認し、「作成」ボタンをクリックします。

3. グループの作成#

  • 「契約者」あるいは「管理者」のユーザーで、「FUJITSU Cloud Serviceポータル」にログインします。

(1)グループの作成#

  • 「FUJITSU Cloud Serviceポータル」画面で、上段の「管理」→「IaaS管理」をクリックします。
  • 「プロジェクト一覧」画面で、プロジェクトを作成する「リージョン」(jp-east-1等)を選択します。
  • 「プロジェクト一覧」画面で、「グループ」ボタンをクリックします。
  • 「グループ一覧」画面で、「新規作成」ボタンをクリックします。
  • 「グループの作成」画面の「グループ」入力欄で、以下の項目を入力し、「次へ」をクリックしてください。
項目 必須 設定値例 内容
グループ名 必須 "xxxxx" グループを特定する名称を入力してください。
グループ名は、ドメイン内で一意である必要があります。
説明 任意 適宜入力してください。

(2)グループへのユーザーの追加#

  • 「グループの作成」画面の「グループメンバー」入力欄で、「ユーザー追加」ボタンをクリックします。
  • 「ユーザー追加」画面のユーザーの一覧から「ユーザー名」を選択し、「追加」ボタンをクリックします。
  • 追加したユーザーが一覧に表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。

(3)グループへのロール付与#

  • 「グループの作成」画面の「グループロール」入力欄で、「ロール割当変更」ボタンをクリックします。
  • 以下の項目を入力、「設定」ボタンをクリックします。
項目 必須 設定値例 内容
グローバル操作に対するロール 任意 "運用者ロール" 付与したいロールをチェックしてください。
"設計・構築者ロール "
"監視者ロール "
"メンバーロール "
リージョナル操作に対するロール 任意 "運用者ロール " 付与したいロールをチェックしてください。
"設計・構築者ロール "
"監視者ロール "
"メンバーロール "
  • 「グループの作成」画面の「グループロール」入力欄で、「プロジェクトに所属」ボタンをクリックします。
  • 以下の項目を入力し、「設定」ボタンをクリックします。
項目 必須 設定値例 内容
プロジェクト名 任意 所属するプロジェクトを選択してください。
リージョナル操作に対するロール 任意 "運用者ロール " 付与したいロールをチェックしてください。
"設計・構築者ロール "
"監視者ロール "
"メンバーロール "
  • 全ての設定が完了したら、「次へ」ボタンをクリックします。

(4)グループの作成#

  • 画面内容を確認し、「作成」ボタンをクリックします。

注意事項#

  • 本パターンは2019年3月時点のFJcloud-O 従来リージョンと東日本/西日本リージョン3 で動作検証しています。

  • 各プロジェクト毎に、「セキュリティグループ」を作成してください。
    異なるプロジェクトで、「セキュリティグループ」を共有することはできません。

  • 複数プロジェクトに所属しているユーザーの、API認証トークン再取得について

    • 「プロジェクトA」がデフォルトで割り当てられている状態から、「プロジェクトB」に対するAPI操作をする場合、「プロジェクトB」を指定して、APIの認証トークンを取得し直してください。