OS提供サービス

仮想サーバのOSを提供します。IaaSが提供するOS種別、エディション、バージョンは順次追加予定です。

OS提供サービス

仮想サーバのOSとして、以下のラインナップを提供します。仮想サーバ作成時に、使用するOSイメージを選択してください。

表 1. 提供するOS環境
種別 提供OS 提供リージョン

東日本第1

東日本第2

西日本第1

西日本第2

東日本第3

西日本第3

UK

フィンランド

ドイツ

スペイン

US

Windows

月額料金

Windows Server 2008 R2 SE SP1 64bit 日本語版  
Windows Server 2008 R2 EE SP1 64bit 日本語版  
Windows Server 2012 R2 SE 64bit 日本語版  
Windows Server 2012 SE 64bit 日本語版    
Windows Server 2016 SE 64bit 日本語版  
Windows Server 2008 R2 SE SP1 64bit 英語版
Windows Server 2012 R2 SE 64bit 英語版
Windows Server 2016 SE 64bit 英語版

Windows

従量料金

Windows Server 2008 R2 SE SP1 64bit 日本語版  
Windows Server 2012 R2 SE 64bit 日本語版  
Windows Server 2016 SE 64bit 日本語版  
Windows Server 2008 R2 SE SP1 64bit 英語版  
Windows Server 2012 R2 SE 64bit 英語版  
Windows Server 2016 SE 64bit 英語版  
Linux Red Hat Enterprise Linux 6.8 64bit (English)  
Red Hat Enterprise Linux 6.9 64bit (English)
Red Hat Enterprise Linux 6.10 64bit (English)    
Red Hat Enterprise Linux 7.2 64bit (English)  
Red Hat Enterprise Linux 7.2 AUS 64bit (English)  
Red Hat Enterprise Linux 7.3 64bit (English)
Red Hat Enterprise Linux 7.4 64bit (English)
Red Hat Enterprise Linux 7.5 64bit (English)  
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1 (English)    
CentOS 6.8 64bit (English)  
CentOS 6.9 64bit (English)
CentOS 6.10 64bit (English)  
CentOS 7.2 64bit (English)  
CentOS 7.3 64bit (English)
CentOS 7.5 64bit (English)  
Ubuntu Server 14.04 LTS (English)
Ubuntu Server 16.04 LTS (English)
Ubuntu Server 18.04 LTS (English)    
Red Hat OpenShift Container Platform 3.6(ノード)    
Red Hat OpenShift Container Platform 3.6(マスタ)    
Red Hat OpenShift Container Platform 3.9(ノード)  
Red Hat OpenShift Container Platform 3.9(マスタ)  
Red Hat OpenShift Container Platform 3.11(ノード)    
Red Hat OpenShift Container Platform 3.11(マスタ)    
注: 配備済みの仮想サーバに対して、月額料金と従量料金の切り替えはできません。仮想サーバ配備時に、月額料金または従量料金のイメージを選択してご利用ください。
注:

以下のパスワードポリシーが設定されているOSについては、そのポリシーを満たすパスワード文字列を設定してください。パスワードの設定は成功しても、そのパスワードを使用したログインができなくなります。

  • Windows Serverのパスワードは、以下の複雑さの要件を満たす必要があります。

    • 6文字以上
    • 以下の4つのカテゴリーのうち、最低3つのカテゴリーから1文字ずつ使用する

      1. 英大文字 (A ~ Z)
      2. 英小文字 (a ~ z)
      3. 10進数の数字 (0 ~ 9)
      4. アルファベット以外の文字 (!、$、#、%など)
  • 提供するOS環境内のWindows 2016、Windows 2012およびWindows 2012 R2のパスワードポリシーは、デフォルト値から以下の項目が変更されています。

    表 2. パスワードポリシー デフォルト値からの変更項目と内容
    ポリシー デフォルト値からの変更内容
    パスワードの長さ 8文字以上
    アカウントのロックアウトのしきい値 10回のログオンに失敗
    ロックアウトカウンターのリセット 30分後
    ロックアウト期間 30分
ヒント: Red Hat OpenShift Container Platform の利用手順については、 IaaS RHOCPスタートガイドを参照してください。

OSのDNSサーバ設定

OSからインターネット上の名前解決をするには共通ネットワークサービスを参照します。仮想サーバを作成したリージョンおよびアベイラビリティゾーンに対応するネームサーバ情報を、設定してください。

使用できない、仮想サーバタイプとOSの組み合わせ

以下の表に示す仮想サーバタイプとOSの組み合わせは、OSの動作要件を満たさないため、使用できません。

表 3. OS動作不可となる仮想サーバタイプ 組み合わせ一覧
OS種別 提供OS 動作不可となる仮想サーバタイプ
Windows Windows Server 2008 R2 SE SP1 64bit 日本語版 P-1, P2-1
Windows Server 2008 R2 EE SP1 64bit 日本語版 P-1, P2-1
Windows Server 2012 R2 SE 64bit 日本語版 P-1, P2-1, P3-1
Windows Server 2012 SE 64bit 日本語版 P-1, P2-1, P3-1
Windows Server 2016 SE 64bit 日本語版 P-1, P2-1, P3-1, T-1, T2-1, T3-1
Windows Server 2008 R2 SE SP1 64bit 英語版 P-1, P2-1
Windows Server 2012 R2 SE 64bit 英語版 P-1, P2-1, P3-1
Windows Server 2016 SE 64bit 英語版 P-1, P2-1, P3-1, T-1, T2-1, T3-1
Linux Red Hat Enterprise Linux 6.x 64bit (English)(xは数字) P-1, P2-1, P3-1
Red Hat Enterprise Linux 7.x 64bit (English)(xは数字) P-1, P2-1, P3-1
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1 (English) なし
CentOS 6.x 64bit (English)(xは数字) P-1, P2-1, P3-1
CentOS 7.x 64bit (English)(xは数字) P-1, P2-1, P3-1
Ubuntu Server 14.04 LTS (English) なし
Ubuntu Server 16.04 LTS (English) なし
Red Hat OpenShift Container Platform 3.6(ノード) S-1, P-1, T-1, C-1, C-2, S2-1, P2-1, T2-1, C2-1, C2-2
Red Hat OpenShift Container Platform 3.6(マスタ) S-1, S-2, M-1, P-1, T-1, C-1, C-2, C-4, LM-1, S2-1, S2-2, M2-1, P2-1, T2-1, C2-1, C2-2, C2-4, LM2-1, LM2-2
Red Hat OpenShift Container Platform 3.9(ノード) S-1, P-1, T-1, C-1, C-2, S2-1, P2-1, T2-1, C2-1, C2-2, S3-1, P3-1, T3-1, C3-1, C3-2
Red Hat OpenShift Container Platform 3.9(マスタ) S-1, P-1, T-1, C-1, C-2, S2-1, P2-1, T2-1, C2-1, C2-2, S3-1, P3-1, T3-1, C3-1, C3-2
Red Hat OpenShift Container Platform 3.11(ノード) S3-1, P3-1, T3-1, C3-1, C3-2
Red Hat OpenShift Container Platform 3.11(マスタ) S3-1, P3-1, T3-1, C3-1, C3-2
注: OSによっては、最大ソケット数(CPU数)および最大メモリサイズが、制限されている場合があります。そのため、OSが動作可能な仮想サーバタイプを選択した場合でも、CPUリソース、メモリをOSとして使い切れない場合があります。

制限のある、仮想サーバタイプとOSの組み合わせ

以下の表に示す仮想サーバタイプとOSの組み合わせは、OSの制限により仮想サーバタイプ のリソースをすべて使用することができません。

表 4. 制限のある仮想サーバタイプ 組み合わせ一覧
OS種別 提供OS 制限 仮想サーバタイプ
Windows Windows Server 2008 R2 SE 仮想CPUが4つまでしか使用できません

S-8, S-16, M-8, M-16, C-8, C-16, LM-8, L-12, L-24

S2-8, S2-16, M2-8, M2-16, C2-8, C2-16, LM2-8, L2-12, L2-24

S3-8, S3-16, M3-8, M3-16, C3-8, C3-16

S3-8S, S3-16S, M3-8S

メモリが32GBまでしか使用できません

S-16, M-8, M-16, XM-4, LM-4, LM-8, L-12, L-24

S2-16, M2-8, M2-16, XM2-4, LM2-4, LM2-8, L2-12, L2-24

S3-16, M3-8

S3-16S, M3-8S

Windows Server 2008 R2 EE 仮想CPUが8つまでしか使用できません

S-16, M-16, C-16, L-12, L-24

S2-16, M2-16, C2-16, L2-12, L2-24

S3-16, M3-16, C3-16

S3-16S