変更履歴

本マニュアルの変更履歴を以下に示します。

版数 更新日 変更箇所 概要
3.39 2020年7月1日

プロビジョニングスクリプト機能

OS提供サービス

システムストレージ

ソフトウェアサポートサービス ID一覧

・利用者イメージの提供

 -RHEL7.8

 -Ubuntu20.04

ストレージタイプ

システムストレージ

専有ブロックストレージ

ブロックストレージの譲渡

専有ブロックストレージの使用量算出

・専有ブロックストレージ機能の追加
3.38 20020年6月15日

ソフトウェア提供サービス

・IPCOM VE2mイメージの提供リージョンの追加

仮想サーバインポート(仮想環境間移行)とは

移行元OSがCentOS 8の場合

移行元OSがRHEL8の場合

仮想サーバエクスポート(仮想環境間移行)とは

・VMインポートの移行元ゲストの対象OSの追加

 -CentOS8

 -RHEL8

イメージの転送

移行前の作業

エクスポートの実行

イメージファイルのダウンロード

イメージファイルのアップロード

一括アップロード

分割アップロード

エクスポートの実行

イメージファイルのダウンロード

一括アップロード

分割アップロード

・インポート・エクスポートの操作コマンドの見直し

SSL-VPN接続

・複数ユーザー同時接続の失敗時の対処方法の追記

ベアメタルサーバ

ベアメタルサーバのコンソール接続手順

・ベアメタルサーバ操作情報の取得手順の追記

制限値

・メール配信サービスAPI制限値の修正
3.37 2020年6月1日

仮想サーバの作成/削除

OS提供サービス

ソフトウェア提供サービス

・仮想サーバのフレーバーの追加

Trend Micro Cloud One – Workload Securityオプション

・Trend Micro Deep Security as a Service 製品名の修正
3.36 2020年5月20日

リージョン

・デフォルトリージョンの説明修正

ソフトウェア提供サービス

・SQLServer提供リージョンの説明修正

ソフトウェア提供サービス

・使用できる仮想CPU数に制限がある仮想サーバタイプの説明追加

ソフトウェア提供サービス

・機械学習環境提供サービス(ReNom)の提供終了

仮想サーバへのログイン

OS提供サービス

OSパッチ/アップデート設定

RHEL7.x / CentOS 7.x / RHOCP3.x / RHOCP4.x の日本語化設定

仮想サーバイメージの管理

システムストレージ

ソフトウェアサポートサービス ID一覧

・新規提供OSイメージの追加

 -RHOCP4.3(RHEL)

仮想サーバインポート(仮想環境間移行)とは

移行元OSがWindows Serverの場合

仮想サーバイメージインポート機能

仮想サーバエクスポート(仮想環境間移行)とは

イメージファイルの転送

・VMインポート/エクスポートの移行元ゲストの対象OSの追加

 -Windows2019

スナップショット機能

・スナップショットリストアで使用するAPIの明示

負荷分散条件(リスナー/プール)

ロードバランサー(lbaas)で使用するサーバ証明書の登録

・ロードバランサー用のサーバ証明書の登録設定の説明追加

サブネット管理

・サブネットの作成の注意事項の追加

ロードバランサーサービスとは

利用の流れ

・ロードバランサ―(nfv)の説明追加

ベアメタルサーバ

ベアメタルサーバのコンソール接続手順

・ベアメタルサーバ作成後のLLDP(Link Layer Discovery Protocol)の無効化手順追加
3.35 2020年4月20日

ファイアーウォールサービス

・ファイアーウォールルールの順序を変更する手順についての説明追記
3.34 2020年4月15日

はじめに

付録全体

・対象リージョン表記

仮想サーバの運用操作

・仮想サーバの起動/停止の注意事項の説明修正

OS提供サービス

・注意事項の説明修正

ソフトウェア提供サービス

・必要なライセンス数についての説明修正

バケットライフサイクル

・バケットライフサイクルの新規機能追加

サブネット管理

設定項目

・IPアドレスの注意事項の説明追加

負荷分散条件設定

・注意事項のリンク修正

ログ提供サービス

・ログ提供サービスの新規機能追加

共通ネットワークサービス

・NTPサーバの説明追加

付録:OpenVPNクライアントのセットアップ [東日本第1/第2、西日本第1/第2]

付録:SSL-VPNクライアントのセットアップ [東日本第3、西日本第3]

・リージョンごとの構成に変更

スタンダードサービス

・対象リージョンの説明削除

3.33 2020年4月01日

まえがき

OS提供サービス

RHEL8.x / CentOS 8.x の日本語化設定

ソフトウェアサポートサービス

仮想サーバイメージの管理

システムストレージ

ソフトウェアサポートサービス ID一覧

・新規提供OSイメージの追加

 -RHOCP4.3

ベアメタルサービス

ベアメタルサービスとは

ベアメタルサーバ

ネットワーク

ブロックストレージ(iSCSI)

スナップショット

設定項目

制限値

留意事項

ブロックストレージ(iSCSI)の利用手順(RHEL/CentOS)

ブロックストレージ(iSCSI)の利用手順(ESXi)

・ベアメタルサーバの新規提供スペックの追加

 -タイプ3

 -タイプ4

・ブロックストレージ(iSCSI)の新規機能追加

Red Hat Update Infrastructure 3.0の利用手順

Red Hat Update Infrastructure 3.0で利用できるリポジトリ

・新規提供OSイメージの追加

 -Red Hat Enterprise Linux 8

・OSサポート対象の追加

3.32 2020年3月17日 全体

・改善事項

 -対象リージョン表記

 -検索ツールチップ

OS提供サービス

・OSの機能の注意事項の追加

・Red Hat Enterprise Linuxの注意事項の追加

ソフトウェア提供サービス

・新規提供ソフトウェアイメージの追加

 -IPCOM VE2m

ネットワーク管理

仮想ルータ機能

・MTU値の反映タイミングの追加

・外部ネットワークと通信時の注意事項の追加

セキュリティグループ機能

・セキュリティグループ設定項目一覧の説明修正

IPsec VPN機能

・注意事項の削除

SSL-VPN接続

・アカウント無効化の注意事項の追加

ファイアーウォールサービス(nfv)

・機能の説明修正

制限値

・IPsec VPN拠点数の制限範囲の修正
Microsoft製品利用時の注意事項 ・使用できない機能の説明修正

負荷分散対象の異常監視(ヘルスモニター)

・注意事項の説明修正
3.31 2020年3月2日

まえがき

OS提供サービス

RHEL8.x / CentOS 8.x の日本語化設定

仮想サーバイメージの管理

システムストレージ

ソフトウェアサポートサービス ID一覧

・新規提供OSイメージの追加

 -CentOS8.1

3.30 2020年2月17日

まえがき

プロビジョニングスクリプト機能

仮想サーバへのログイン

OS提供サービス

OSパッチ/アップデート設定

ソフトウェア提供サービス

システムストレージ

ソフトウェアサポートサービス ID一覧

・新規提供OSイメージの追加

 -RHOCP4.2

・新規提供停止OSイメージ、ソフトウェアバージョンの削除

エンドポイント ・ロードバランサーのエンドポイント説明修正(東日本リージョン3/西日本リージョン3)

キーペア管理機能

制限値

・キーペア数の制限範囲の修正
スナップショット機能

・ブロックストレージのスナップショットの取得手順の追加(東日本リージョ3/西日本リージョン3)

・注意事項の追加

サブネット管理

・注意事項の説明修正

セキュリティグループ機能

・注意事項の説明修正

負荷分散対象の追加/削除

・注意事項の追加
ロードバランサー(nfv)で使用するサーバ証明書の登録 [東日本第3/西日本第3] ・証明書の登録手順の追加
設定項目 ・負荷分散条件(リスナー)の作成に関する設定項目一覧の説明修正
利用可能なコマンド・SQL文について ・利用可能なコマンドの追加
ベアメタルサービス

・ストレージの名称統一

・ベアメタルサーバのハードウェア監視の項目追加

逆引きDNSの使い方

・提供リージョンの追加(東リージョン3/西日本リージョン3)

・注意事項の追加

3.29 2020年2月3日

SSL-VPN接続

・SSL-VPN V1サポート終了による説明削除
3.28 2020年1月14日

仮想サーバインポート(仮想環境間移行)とは

仮想サーバイメージインポート機能

仮想サーバイメージエクスポート機能

イメージのインポート

インポートの中止

インポート状況の確認

・インポートの中止機能の新規機能追加
オブジェクトストレージ [S3互換] ・提供リージョンの追加(西日本リージョン3)
OS提供サービス 説明追加

OS提供サービス

ソフトウェア提供サービス

仮想サーバ for SAPの作成/削除

・新規提供OSイメージの追加

 -Red Hat Enterprise Linux 7.7

 -Red Hat Enterprise Linux 7.7 AUS

 -CentOS 7.7

Windows OSのSysprep手順

・レジストリー情報の削除の説明修正

仮想サーバインポート(仮想環境間移行)とは

仮想サーバエクスポート(仮想環境間移行)とは

・VMインポート/エクスポートの移行元ゲストの対象OSの追加

イメージファイルのダウンロード

イメージファイルのアップロード

制限値

・メタデータの拡張子の修正

・仮想サーバエクスポートに関する制限値の最大同時実行数の修正

サブネット管理

仮想ルータ機能

ネットワーク

・注意事項の追加